『志賀・田ノ原湿原のワタスゲ風景』

“田ノ原湿原のワタスゲが綺麗だったよ”とお隣の奥さんが言うので早速出かけてみた。「田ノ原湿原」は「志賀草津高原ルート」にある小さな湿原。ルート沿いには小さな湿原や池が数多くあるが、この湿原にワタスゲの名所があるとは知らなかった。朝早く家をでて有料道路を万座温泉に抜け、一気に渋峠まで登る。後ろに白く煙をたなびかせる白根山が、前に雪を残した北アルプスの山々が見える。峠を下り「木戸池」を過ぎ「三角池」の手前に小さな駐車場がある。5台くらいは停まれるか。車を降り少し坂を下るとすぐ目の前に「田ノ原湿原」が広がる。“おお、一面ワタスゲで真っ白だ”。見事な風景が広がる。尾瀬で「アヤメ平」でワタスゲ原を見たことがあるが、尾瀬とは違って、ここは周りを緑の木々で覆われているので、ことさらワタスゲの白が冴え、木々の緑と白とのコントラストが見事だ。朝の光が柔らだったのも良かったのかもしれない。朝の6時台であるが、すでに何人ものカメラマンが目の前のこの風景を大きなカメラで写している。
P1080965.JPG

P1080972.JPG

整備された木道をゆっくりゆっくり歩いてワタスゲの姿を眺めると、露に濡れた姿が何とも上品に見える。湿原全体を眺めるのも良いが、こうしてじっくりワタスゲの姿を眺めるのも味わいがある。
P1080991.JPG

目立たないがピンク色の「ヒメシャクナゲ」の花も同じ湿原に咲いている。
P1080992.JPG

小さな湿原だから端から端まで歩き、「木戸池」への道を丘に上っていって上から眺めると、橙色のレンゲツツジとの相性がまた良い。振り向くと「笠が岳」が目の前にあった。
P1080981.JPG

P1080988.JPG

思いがけずワタスゲの湿原がみられて、家内も満足げだった。“尾瀬にワタスゲを見に行こうよ”と何度か言われていたが、近場にこんな場所があるとは。駐車場に戻る道筋に、よく見ると両側に「ツマトリソウ(褄取草)」の可憐な花がいっぱい咲いていた。
P1090001.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

この記事へのコメント