『浅間山の噴火警戒レベルが3から2に下がった』

浅間山は小規模噴火して約2週間たつが、8月19日、気象庁は噴火警戒レベルをレベル3(入山規制)からレベル2((火口周辺規制)に切り替えた。昨日(20日)は夕立が降ったが、雨後の浅間山を見るとなるほど穏やかな煙を吐いていた。 これを受けてか小諸市は、登山道の立ち入り規制を火口周辺おおむね4キロから2キロに緩和したので、これで黒斑山、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『初秋の花を探して・・篭の塔山、水の塔山へ』

このところ山歩きから遠ざかっているので、足慣らしを兼ねてどこか近場の山を歩きたいと考えていた。ところが天気予報は必ず昼間傘マークが現れ、カラットした入道雲のある夏空が期待できない。一体今年の夏はどうなっているのだろうか?。18日の日曜日は傘マークが取れたので、初秋の花を探しに「篭の塔山=2227m」から「水の塔山=2202m」を歩いてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『白雲ランを探す』

「白雲ラン」は名前とは裏腹に小さな野生の「蘭」である。“そろそろ咲き始めている頃だから”“と嬬恋の「山と植物の達人」に連れていってもらった場所は、何の変哲もない赤松の林の中。さすがに今の季節であるから、林の中はしめっぽい。花を踏まないようにと、そろりそろりと倒木と落ち葉の中を探して歩くと、“あった”。5cm位の茎の先に小さな白い花弁の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『北軽井沢高原祭り』

昨日は、台風10号の影響か、朝から雨が降り、時には青空を覗かせたり、豪雨になったりのおかしな天気だった。この分では「北軽井沢高原祭り」は16日に延期だろうと思っていたら、午後に花火の号砲が数発あがった。“ああ、今日やるのか”、とわかったが、雨具持参でお祭り見学ともできないし歳だし、お目当ては夜7時半からの花火の競演。昨年ふとしたことで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『北軽井沢ミュージックホール フェステバル』

北軽井沢に夏が来ると、この地では音楽の集いが毎日のように開かれる。と言うのも、この地には小さな街でありながら50年以上前から「北軽井沢ミュージックホール」があり、ここを中心に毎年クラシック、ジャズ、カンツリー音楽、ハワイアンなど、多種多様な音楽祭が開かれてきた。この「ミュージックホール」は音楽教育家・斎藤秀雄氏達が中心となって、音楽学生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『猛暑から開放される』

お盆前で道は込むだろうと、東京を夕方に立った。この日も気温は35度という信じられない暑さ。それも、このところ連日続く猛暑であるから、体力的にも限界で、全国では多くの高齢者が亡くなっている。関越道は既に渋滞が始まっている、と聞いたので、青梅か秩父に抜け、鬼石を経て藤岡に。さらに碓氷峠を登って軽井沢経由の一般道ルートをいつものように選択。さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『浅間山の噴火』

真夜中のテレビのニュースで、浅間山が昨夜10時ころ噴火したとのこと知った。このところ浅間は噴煙も少なく、時には噴煙無しでの状態だったが、気象庁の噴火の写真をを見ると、なるほど噴煙はすざましく、高さは1800Mまで上がったという。火山灰も近隣に少し降ったようだ。今後4km以内は降灰、降石の注意という。4kmというとちょうど「鬼押し出し」の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『暑い・・・暑い・・・暑い』

北軽から東京に戻ったとたん、猛暑が襲ってきた。家内が言うには“その前は雨ばかりでさほど暑くはなかったからあなたが猛暑を連れてきたのだろう”という。とんでもない話で、この異常気象はすべてトランプのせいだろう。本来は深い森か山がいいのだけれど、この暑さでは山登りをする元気さえおきない。家の中にいても暑いので、車で涼しいところを探し回った。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『♪星めぐりの歌♪』

昨夜は久しぶりに星空が見えた。ベランダに出て眺めると、雲間から夏の星座「サソリ座」のアンタレスが南の空に輝いていた。久しぶりの対面なので感激した。しばらく見ていたが飽きることない。「サソリ座」が天空に出ると、「オリオン座」は見えなくなる。ギリシャ神話によると、勇者オリオンはサソリの毒針で刺されて死んだから、死後も天空で逢うことはないとい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『八ッ場ダム・・・は今』

庭仕事や、力仕事で汗をかくと、たまには温泉で手足を伸び伸びと伸ばしたくなる。が、近くにある温泉「絹糸の湯」が営業開始が遅れているので買い物がてら「天狗の湯」まで遠出することにした。途中「八ッ場ダム」の工事現場を通るので、その後ダムはどのくらい出来たか、とのぞいてみることにした。展望台に登ると、なるほどダム本体は堂々と完成に向かって翼を広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『雨が降り続いている』

毎日天気が不安定で雨の日が続いている。去年の今頃は猛暑で気温も30度を連日越していた記憶がある。今朝は朝から濃い霧で、これなら晴れるかなと思って庭仕事に出たが、また午後から雨となった。晴れなくてもムシムシと暑い。うっとおしい日は何時まで続くのだろうか? 雨のおかげか、庭の花々はこれ見よがしに咲いて、蜂がぶんぶん飛んでいる。クレマチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スズメバチが動き始めた』

庭を歩いていたら、大きい腹に黒い縞模様のあるスズメバチとやや小さいそれが飛び回っていた。後をつけていったら、軒下に放り出しておいた使わなくなった巣箱の穴に消えていった。巣箱の中でどうやら巣を作ってる様子である。これは困った。スズメバチの凶暴性は知られており、この辺では大きな巣を廃墟となった別荘の軒下で何度か見かけた。さっそくお隣のCさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地蔵峠のレンゲツツジが満開』

例によって東京を朝早く、というか夜中に出発。おかげで軽井沢には8時ころ着き、これでは食料買い出しの「つるや」で1時間半も待たねばならない羽目になった。それならと、さらに足を延ばして、上田まで行こうと。上田には家内行きつけの花屋と新鮮な野菜が安く買えるJAがある。幸い碓氷峠を上ったら、晴れ間が出てきたし。さて 買い出しを済ませ、北軽に向…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『軽井沢レイクガーデンの青いケシ』

今年も「軽井沢レイクガーデン」のバラを見ることができた。今年の冬は寒かったせいか、バラは満開には程遠かったけれど、私の関心はもっぱら、あのメコノプシス(通称ヒマラヤの青いケシ)がどうなっているかだった。「ガーデン」に青いケシが植えられたの確か2016年だったと思う。偶然その時咲いているのを見つけて感激したものだが、その後2017年に寒さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『イノシシ親子とにらめっこ』

朝の8時、どうやら雨が上がったようなので、散歩がてら、隣の別荘地の「紅花イチヤウソウ」でも見に行くかと、家内と家をでた。前の道をしばらく歩いたら、ばったりイノシシの親子と出会った。こちらも驚いたが、向うも驚いたらしい。子連れなので、こちらをじっと見て、それから数メートルこちらに近寄ってきては、ブフー ブフーと威嚇する。 《親子のイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『花と眺望の山 毛無山・破風岳』

一昨日は朝から雲一つない梅雨晴れ(?)だった。朝の4時半に起きたら、浅間が真っ赤に染まっていた。澄んだ空気のせいか、モルゲンロートの浅間山は、この朝ことのほか赤く映えわたっていた。5時に家をで、5時半前には「万座ハイウエー」に乗った。6時前なら、この有料道路は無料(笑)。誰もいない「嬬恋牧場」で、周りの山々を眺めながら、持ってきた朝食の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『薬師池の花菖蒲』

東京都、町田市の郊外に「薬師池公園」という都立の公園がある。四季それぞれの季節によって、春は梅、桜、椿、夏は花菖蒲とアジサイ、秋は紅葉、冬は雪吊り、と花や風景が見られる公園だが、今の季節は「花菖蒲」が綺麗と言うので、友人と見に行った。ちょうど花菖蒲は満開の見ごろで、雨の日曜日というのに、大勢の人が花を楽しんでいた。 《花菖蒲と早乙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『高尾山のセッコクの花』

北軽から戻ったら東京は30度を超える暑い日だった。北軽も暑かったが、それでも朝夕は涼しくしのぎやすかった。そうなると静かな、涼しい山が恋しくなっていたとき、高尾山の“セッコク(石斛)の花が綺麗だった”、という話を聞いて、さっそく出かけてみた。セッコクはラン科の花で、岩や樹木に着生して花を咲かせる。以前にも見たことがあったので“琵琶滝のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『風車とシャクヤク花の温泉宿』

いつも通っていた「絹糸の湯温泉」が、どうした訳か閉鎖が続いている。それで、知り合いの紹介で嬬恋にある「半出来温泉」を勧められた。ちょっと遠いので躊躇っていたら、「風車」の花と「芍薬」が今綺麗だ、と言うので出かけてみた。「半出来温泉」は「登喜和荘」という民宿にある小さな温泉だが、言われたように庭の花々は見事だった。 《半出来温泉」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『鹿に出会う』

カッコウの啼く季節となった。鳴き声はするが姿はなかなか見られない。今日も庭のキハダの木で啼いているから写真に撮ろうとカメラをもって外に出かけたら、もういなくなっていた。ふと前方を見ると、鹿が三頭、森と畑の間を歩いているを見つけた。50M先位だが、こちらに気づいたら気配もない。カメラを構えたが、慌てているので上手くピントが合わない。“まま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『八間山へ』

当初は、シラネアオイの花園を見た後、「八間山(=1,935M)に登り、北登山口(=車道出会)に下り、湖畔をぐるっと廻って「富士見峠」に戻ってくる予定だった。しかし風があまりにも強いので、湖畔周遊はあきらめて、山頂から同じ道を戻ることにした。この登山道は花々が見られる花の道であると共に、晴れれば白根山をはじめ、浅間山など四方の名山も眺めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『満開のシラネアオイの花園』

今年も「野反湖」の「シラネアオイ」の花を見に行った。驚いた。満開だった。一週間前に、六合支所に開花状況を問い合わせたら、“二分咲きで、月末には満開になるでしょう” との返事だったが、全般に今年の花の開花は遅れ目なので、正直あまり期待していなかった。朝、寒風が吹き抜ける「富士見峠」に立つと、寒さに震えあがり、ますますこの気になったが、坂を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『再び山椒バラを見に行く』

今年も山椒バラを見に行ってきた。家内が“自生の山椒バラをぜひ見てみたい”というので連れて行った。御殿場線の「駿河小山駅」を降りると、40名近くの人がバスを待っている。一番後ろに着いたが、臨時バスが用意され、らくらく座れたのでバス会社に感謝。「明神峠」から尾根伝いに歩く。夏日だったけれども、新緑の尾根道は歩きやすい。 《山椒バラ》 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『北軽井沢にやっと本物の春が来た』

雨が降って、南風が吹いてやっと北軽に本格的な春がめぐってきた。浅間山の雪はほとんど溶けたし、庭の草花が咲きだした。花の咲きだしを見ると北軽の春は去年に比べて一、二週間遅いような気がする。去年,庭のリンゴに花が満開になったのは5月15日。今年は蕾こそ付けているがいまだ花が一輪も開かない。 それでも落葉松はあっという間に緑にな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『パソコンのクラッシュ』

久しぶりでブログなどを書いている。なんということない、パソコンがクラッシュしてしまい、復旧に苦労していたから、ブログを書く余裕もなかった。Webブログなので他のPCでも書けるが、そんな気分にもならずPCの回復に頭を悩ましていた。説明書を読んでリフレッシュ作業にかかっても回復せず、電話できれいなお嬢さんの指示に添ってやってもダメ。もう初期…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

『令和の初登山は十二ヶ岳』

元号が変わったからではないが、令和元年の初めての山歩きは家内との「十二ヶ岳」になった。毎年、今の時期のこの山に登っては下り、これで4回目となる。1200mの低い山だが、展望の良さは抜群である。去年は生憎曇り空で山々がすっきり見えなかったが、今年は抜群の展望が待っていた。谷川岳を中心に、西から浅間山ー四阿山ー白根山ー岩菅山ー白砂山ー平標山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『令和元年の夜明け』

今日から元号が「令和」と変わる。テレビもラジオも新聞もない我小屋では、昨日今日の動きは皆目わからないが、浅間は今日も煙を吐き、雪を被って静かに立っている。我が家も、いつものように目覚め、家内は朝餉を作っている。 平成天皇陛下、妃殿下はやっと重い肩の荷物を下ろし、ほっとしたことだろう。長い間のお仕事ご苦労様でした。 思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の北軽井沢の山々

昨日の強風は寒波も運んできたようで今朝はマイナス2度震えあがった。その分空は青空で周辺の山々はこの時とばかりに映えわたった。これで、今までは山頂も見えなかったうっぷんが文字通り晴れた。浅間を後回しにし、裏庭に廻って好きな「白砂山」をまず眺めた。やはりかなりに雪が降ったようである。「岩菅山」は真冬の姿に戻って真っ白になっていた。 《…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『三度目のお花見』

北軽に来た日は寒かったが、次の日は庭仕事中汗ばむ陽気。で今日は強風が一日中吹き荒れ、風花が舞っていた。こう気温の変化があると体調をおかしくしてしまう。二日間の庭仕事でくたくたになったので、気晴らしと買い物にと、近くを一回りしてしてきた。まず鳥居峠を下りて上田に出たら周りに山々の木々は緑に変わっていたし、ソメイヨシノは散り始めていたが、枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『久しぶりの北軽井沢』

ほんとにほんとに久しぶりで北軽に戻ってきた。だんだん歳をとると出かけるのが億劫になって、寒さもあるし北軽が遠くなってきた。それでも真夜中に東京をでて、朝早く北軽に着くパターンは変わらない。東京では“夏日か?”と思わせる陽気だったので、さぞや北軽も桜は咲いて・・、と思っていたが、やはりここは寒冷地、寒かった。路傍の温度計は9度を指していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more