『雲一つない晴天の日に・・』

昨日は雲一つない晴天の日だった。こんな日はいつ以来であろう? 北には白根山がどっしり構えている。噴火の兆候があるから、草津温泉から渋峠までの道は閉鎖されていると聞いたが、本当だろうか? 秋の紅葉の時期にあの道が通れないとなれば、観光には打撃だろうに。
《裏庭からの白根山》
P1040850.JPG
西には四阿山がこれも山頂まですっきりと晴れ上がって見えてる。夕方はこの山の陰に太陽は沈んでゆく。夕焼けが真っ赤に染まって、やがて黒々とした夕映えの姿が映す。裏の牧草地にに入って暫くこの風景を眺めていると、何とも言えない気持ちになる。
《夕焼けの後の四阿山》
P1040854.JPG
夜は浅間山がこれも黒々と山姿を見せている。真上に三日月が見える。
《三日月と浅間山》
P1040855.JPG
こうして百名山のうち三つが同時に見えるのは北軽井沢の素晴らしい所であるか、人は気が付いているのだろうか? 

そして今日も朝から秋らしい空が広がっておる。

『中秋の名月と一緒に・・』

昨日は中秋の名月とか? 夜の9時ころ二回の窓から眺めたら、まん丸のお月様が東の空に浮かんでた。久しぶりの晴れの日なのであちこちで見られたであろう名月。私はというとそのまま布団に潜り込んで寝てしまった。翌2時に目覚ましが鳴ったので飛び起きて、北軽に行く準備をする。
2時半の家を出たら、やや雲を纏った満月が付いてくる。前になったり後ろになったり、黒雲の中に浮かんでいたり、見えなくなったりしたが、圧巻は藤岡に入った時だった。目の前の牛臥山の上に大きな大きな満月が目の前にあった。”素晴らしい!”

P1040771.JPG

やがて牛臥山に沈みそうになるころ、今度は東の空が真っ赤のなって、日輪が周りを照らし始めた。自然介の天体ショウは素晴らしい。何か今日一日は良いことがありそうな気分で碓井バイパスを登っていった。

『北軽の夏の終わり』

明日から9月というのに、何か今年の北軽は夏らしい日は数日しかなかったような気がする。このところの天気も曇りや雨が多くて、夜は毎日のように雨が降り、朝は曇り、時々日が差してほっとするが、また黒い雲が天空を覆ってパラパラと雨粒が落ちてくる。そう言っても8月いっぱい北軽に滞在したわけでもなく、延べにして三週間ほどの滞在の感想だが、星空が天空いっぱいに広がって見えたのは一日だけだった。
名物だった雷の日が一日もなく、遠くで高崎方面の稲光を見たのが一日だけだった。
《珍しく裏窓から白根山が眺められた》
P1040731.JPG
それでもお盆を過ぎるともう秋になっていった。一昨日の朝は15度位で“寒いね“を連発簸て、夜は本気で“ストーブでも炊こうか“、など言い、布団も夏掛けをやめた日でもあった。
幸いその後はいつもの気温に戻ったが、秋がそこまで来ていることが分かった。今朝はいちめんの霧の世界でなかなか幻想の世界になっていた。
《霧の朝》
P1040706.JPG
夏の間のお付き合いあった人とも一人二人と別れ、“また来年元気で会おうね”と別れた人もいた。人生も秋にたっぷり浸っている私もやがて冬が来るだろう。また元気で北軽の友人に会いたいものだ。もっとも、私はこの秋も冬もせっせと北軽に来て季節を楽しむつもりいるが。

『快晴の日の北軽井沢』

北軽に戻って一週間になるが、雨や曇りで連日過ぎた。曇りは野良仕事には大変助かるが、なんとなく北軽井沢の夏には思えない日だった。ところが昨夜は満天の星空が眺められ、今日はすっきりと雲一つない青空の朝がやってきた。朝方は気温17度と寒いくらいだが、日中は猛暑の気温のそれ。しかしそんな気候でも、既に北軽は秋の気配そのもの。コスモスは咲き乱れ、赤とんぼは群れを成して飛び回っている。”お盆が過ぎたら北軽は秋”という、この辺のいい伝えは本当のようだ。久しぶりに浅間の噴煙を眺めることが出来た。

PICT0033.JPG

PICT0031.JPG

昨日の夜はこれまた満天の星空だった。ベランダにでてみれは南の空に「さそり座」が横たわりアンタレスが輝いている。天空には天の川が流れ、天空には「琴座」のベガ、「わし座」のアルタイル、「白鳥座」のデネブが夏の三角形を形作っている。
わが家は幸か不幸か夜の外は真っ暗闇である。時々立木の間から一つだけ街灯の明かりが見えるのみで、天体観測には最高の環境である。ただ残念なことは、南は軽井沢の明かりがうすぼんやりと空にかかるのでさらに小さな「南斗六星」などが見えにくいのが残念である。
今の時期暫く外にいると寒いの早々に家に入ってしまうが、久しぶりに満天の星空と、流れ星を見られたのはラッキーであり嬉しかった。

今朝の朝の4時ころは”浅間山が茜色に染まって綺麗だった”と、早起きの家内が言っていたが、私は6時までぐっすり眠っていた。

『立木の伐採を頼む』

何故か三本のミズキの木のうち二本が枯れ始めた。理由はよくわからないが、そのままにしていて、台風でも来たら倒れる恐れもあるのだが、高さ15m以上ある木なのでさすがに自分では処理できない。隣のCさんに相談したら、以前頼んだ伐採の専門家を紹介してくれて、“自分のところの木もついでに伐採したい”というので二人で依頼した。下見に来られた時は、実施は9月か10月頃とのことだったが、先日急に“今やらせてもらえないか”との電話をもらった。こちらとしては願ってないことなので早速お願いした。
(枯れたミズキ)
P1040601.JPG

朝早く二人の方がやってきた。一人が木に登って枝を伐採、樹を切断し、もう一人の方が伐採した木や枝の処理をするようだ。準備に時間がかかるが、その道具・設備が素晴らしい。何種類かの道具・器具を身にまとい、爪のついた靴とロープを駆使して、三点確保でゆっくりゆっくり下から枝を切り落としながら、木に登ってゆき、途中1メートル位に枝を切断しながら、てっぺんに登ってゆく。切った枝は落下する前に片手で受け止め、木の真下に落とす。“よくあんな細い枝でバランスが取れるな”と思われる場所まで登る。
(作業風景)
P1040643.JPG

P1040654.JPG

今回は隣のCさん宅の一抱えもあるような落葉松の伐採もするのだが、上から順に輪切りにして下に落とすのか、と思っていたら、空いた敷地のスペースを見つけ、根元からそこに倒す方法をとった。結果は下の建物などの一切傷つけず倒した様を見ていると、さすがに専門家、と改めてその技術のすばらしさに驚嘆した。Cさんも“人間国宝にしてもいいね”と称賛。
(太い落葉松の伐採)
P1040660.JPG

P1040666.JPG

P1040670.JPG

あいにく夕方から雷雨となったので、残った落葉松とキハダの木の伐採はお盆休み明けまで伸びたが、少なくとも気になっていた枯れ木の処理が終わったので、それは台風時にも倒木で我が小屋が壊れる心配がなくなって一安心である。

作業費用もリズナブルであるし、何より丁寧な仕事の進め方に好感を持った。プロの仕事なこうでなければ。