『今夜は十五夜』

昼間は晴れていたけど風が強かった。びゅうびゅう吹いて落葉松を揺らしていた。夕方、東の空に満月が昇った。月の姿を見て、今夜は十五夜だと気が付いた。“ああ、一人でこんな月を見るのは寂しいな~”。 夕飯は秋刀魚でも焼いて食おうか。

画像


画像


昼間、うろこ雲が広がる秋空を見ていたら、高村光太郎の“秋は喨々として・・”で始まる「秋の祈り」を思い出したが、夕飯に秋刀魚を焼いていたら、佐藤春夫の「秋刀魚の歌」を思いだした。
かれも寂しかっただろうな~。

     あはれ秋風よ  情〔こころ〕あらば伝へてよ
     ――男ありて 今日の夕餉〔ゆふげ〕に ひとり
     さんまを食〔くら〕ひて 思ひにふける と。

     さんま、さんま
     そが上に青き蜜柑の酸〔す〕をしたたらせて
     さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。

     そのならひをあやしみてなつかしみて女は
     いくたびか青き蜜柑をもぎて夕餉にむかひけむ。

     あはれ、人に捨てられんとする人妻と
     妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
     愛うすき父を持ちし女の児〔こ〕は

     小さき箸〔はし〕をあやつりなやみつつ
     父ならぬ男にさんまの腸〔はら〕をくれむと言ふにあらずや。

     あはれ  秋風よ
     汝〔なれ〕こそは見つらめ 世のつねならぬかの団欒〔まどゐ〕を。

     いかに 秋風よ いとせめて
     証〔あかし〕せよ かの一ときの団欒ゆめに非〔あら〕ずと。
  
     あはれ 秋風よ
     情あらば伝へてよ、夫を失はざりし妻と
     父を失はざりし幼児〔おさなご〕とに伝へてよ

     ―男ありて  今日の夕餉に ひとり さんまを食ひて 涙をながす と。

     さんま、さんま
     さんま苦いか塩つぱいか。
     そが上に熱き涙をしたたらせて さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
 
     あはれ げにそは問はまほしくをかし。

                 佐藤春夫  「秋刀魚の歌」より

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック