カルメンの木

”あれ、こんな看板あったかな~?”。紅葉見に浅間牧場に上がった時のことです。大きな木の前に「カルメンの木」の説明看板が設置されていました。「カルメン」とは言わずとしれた映画「カルメン故郷に帰る」で高峰秀子の扮する「リリィ・カルメン」です。映画としてはB級作品と私は思ってますが、日本初の「総天然色映画」で有名であり、我々北軽井沢フアンにとっては50年前の北軽井沢の雄大な風景とあの「草軽電鉄」の動画が見られる懐かしい(?)映画です。

画像


見ていない方のためにあらすじを述べますは:
上州北軽井沢の浅間山のふもとの村で育った娘・おきんは、家出をして東京に出、リリィ・カルメンという名のストリッパーになっていた。彼女は男性たちを魅了する裸踊りを芸術だと信じて疑わない。とある初秋に、おきんは同僚の踊子・マヤ朱美を連れて故郷へ錦を飾りに帰ってくる。芸術の擁護者を自任する校長先生は、村から芸術家を輩出したと大喜び。村人たちも共に帰郷を歓迎した。ところがふたりを目の当たりにして、村とは不釣合いな派手な出で立ちと言動に戸惑ってしまう。おきんの父は彼女が子供の頃に牛に頭を蹴られ、それが原因で少し頭が弱くなったと疑っており、かわいい娘を不憫に思い憂う。学校で運動会が開催されふたりも見学に行くが、大失態を起こして滅茶苦茶にしてしまう。名誉挽回とばかり芸術披露を思いつき、業者のおだてもあり「裸踊り」を行うことになるが、父や校長先生は恥かしいやら悲しいやらで・
(ウィキペディアから引用)

それにしても昔は浅間牧場から六里ヶ原全体も、そして浅間山の噴煙も凄く、木々に邪魔されることなく裾野まで雄大に見えるのがなんとも嬉しいですね。”ああ、昔はこんな風に見えたのか~”。北軽井沢小学校も素敵。”この頃は北軽井沢小学校はなかったはず(分校?)だからどこでロケをしたのかな?”子どもたちも可愛らしく、礼儀正しいのがいいですね。

看板には「馬の蹴られて」とありますが、あらすじにあるように映画では父親は「牛に蹴られて」と言っています。「蹴られる」なら牛でなく馬だろうとの確信犯的な変更かな? それともモノクロ版には「馬に蹴られる」シーンがあるのかな?

ともあれ当時と違って今の木は見事ですね~。

画像



(追記)
どうでもいいことですが気になって少し調べてみました。

映画の中で出てきた「カルメンの木」ってこれかなとDVDを再生して探してみました。多分そうだろうと思いますが。
この後の場面に父親が校長先生に娘のことを嘆くシーン。ここで「牛に蹴られ」とのせりふがあります。
画像

画像


「北軽井沢小学校」と浅間山。画面左に見えるの山は小浅間か? ちっと違うようなきもするが。
画像


こちらは軽井沢の国道18号バイパス(ツルヤあたり)から見た浅間山と剣が峰。
画像


   *本ブログの写真は全てそうですが、クリックすると拡大します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

二度上峠
2012年10月28日 06:47
お早う御座います。雨ですね。

「昔のことを思い出すのは年を取った証拠」、なんて言いますから、昔の思い出を言いたくないのですが、年を取ったので言います。

浅間山は今まで何度となく爆発しましたが、最も怖かったのは小学校6年生の時だったでしょうか、軽石(スコリア)がトタン屋根にバラバラとすごい音で降った時でした。かと思えば夜中の爆発で、真っ赤な溶岩が流れるのが見えた時は、「綺麗だ~」、と感じました。

草軽電車に乗って至る所から浅間山が見えましたね。炭や薪にする為に広葉樹が切られましたし、国策で唐松が植えられる前までは。

線路跡を歩く件、前もって参加者が北軽井沢のカフェで顔合わせと相談をしたいと考えています。都合の良い日を問い合わせるメールをその内送信しますね。
きらな
2012年10月28日 07:45
雨ですね~。霧もでています。その分暖かくて助かりますが。二度上峠さんは私と違って若いですよ。若さと年齢は関係ないです。心の持ちようです。(と言って私は自分に言い聞かせていますがー笑い)。
二度上峠さんはは北軽井沢に関しては色々思い出があるのでしょうし、北軽井沢にことなら何でも知っておられる「歩く生き字引」ですから、ブログをぜひ公開してください。
線路跡を歩く件「カフェで顔合わせと相談」了解です。旨く北軽にいる時であれば良いのですが、駄目な時は当日参加とさせて下さい。
二度上峠
2012年10月28日 08:10
ブログは2007年の年末に次男がセットしてくれ、日記がわりに書いていますので、とても人様にお見せ出来るものではありませんよ。
それにどうやったら公開出来るのかも分かりません。もっとも昨年からですか、北軽井沢在住の知人が何人か、「ブログを見つけましたよ」、と言ってくれますが、彼等がどうして私のブログにたどり着いたのかも分からないのですよ(笑)。

随分前の事ですがお気に入りの蕎麦屋「あさぎり」に行く時、県道からきらなさんの山荘方面を見たら、アンテナが高~く上がっていましたので、「あ~、無線をやられているな~」、とおもいましたよ。
きらな
2012年10月28日 08:30
ブログにパスワードが設定されていないならもう公開されていますが、ただ私はURL(ブログの場所)判りません。後でお会いした時にでも教えて下さい。(ブログのタイトルでも結構です)。
アンテナは2基ありまして、1基はお隣のTさんのものです。ここは都市雑音が少ないので無線には絶好のロケーションなのです。
クサカル
2012年10月28日 19:32
浅間牧場なんだから、牛に蹴られるのが普通ですよね(笑)。カルメンの木、私も昨日見ました。カルメンの木の看板に気づいたのは今年の8月からですが、もっと前からあったのでしょうか?カルメンもDVDを持っているので、今度そのシーンを確認してみます。北軽井沢小学校は昭和12年からあの場所に校舎があるようですので、映画の小学校は浅間山の山の形からも北軽井沢小学校のようです。また、平成3年より校庭に夜間照明が設置されたようですので、先日ホテルから見たあの野球場のような照明は、方角からみて北軽井沢小学校のものだったようです。
きらな
2012年10月28日 22:23
私も気になったのあれからDVDで「カルメンの木」を探して見ました。追記で写真載せましたが多分これだろうと思います。「北軽井沢小学校」は平成元年に北軽井沢小学校となり、それ以前は「第三小学校」の名称だったようです。映画だから仮称でつけたのが、本命となったわけですね。実は谷川俊太郎の作詞による「浅間ッ子」の校歌を聴けないかと思ってネットを探してこのことに気がつきました。映画の風景はやはり北軽井沢小学校ですか?小浅間が大きすぎるので、撮影は軽井沢かな?と思ってました。
クサカル
2012年10月30日 20:36
北軽井沢を舞台にした映画だから、北軽井沢小学校と勝手に思い込んでいましたが、よくよく見てみると小浅間にしては大きいですね。剣が峰と浅間山のセットでも北軽井沢から見た景色に近いものができるのですね!これはやられました。
きらな
2012年10月31日 07:41
クサカルさん。おはようございます。撮影場所ですが「小浅間」もそうですが、浅間山頂への稜線がいつも見ている風景より短いような気がしていました。真相は不明ですが、細かいことで茶々いれて申し訳ありません。

この記事へのトラックバック