テーマ:

『春爛漫、桜満開』

3月14日に過去最速で東京の桜の開花が宣言されてから一週間で桜は満開になった。このところの南からの暖かい春風に添って満開になったのだろう。一部の桜はもうパラパラと散り始めている。いつものように、車で私たちの多摩の桜の名所(?)を巡って、短い春を満喫してきた。まず戦車道路と南大沢の桜、次は長沼公園脇の街路樹の並木、そして最後に谷戸の一本山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『久しぶりに陣馬山へ』

久しぶりに山を歩いてきた。といっても陣馬山(855m)だが、今の私にとっては体力的にこれでも結構の体の負担になる。コロナ禍で、このまま帰宅待機を続ければ、本格的な山の季節になっても体力的に身動きできない状態になりそうなので、その体力回復の一歩である。 陣馬山への登山ルートはいろいろあるが、今回は与瀬神社から登る「与瀬コース」を選んで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『早く浅間山を見たい』

三月に入ってめっきり春らしくなってきた。里山を歩くと梅は満開、サンシュユ(山茱萸)の黄色があふれている。気温もめっきり高くなり、早咲きの桜はもう咲いている。 《満開の梅とサンシュユ》 《サッシュユの花》 《早咲きの熱海桜》 今年の桜の開花は17日といわれていたが、それが15日に予報が前倒しになった。それなのに北軽の気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『秩父小鹿野の節分草を観に行った。素晴らしかった』

去年の2月だったか、北軽から帰路に松井田町の雲門寺によって節分草を観たが、その可憐な姿に魅了された。雲門寺のそれより規模の大きい節分草園が秩父小鹿野町両神にあると聞いていたので行くつもりでいたが、コロナで県境をまたぐ外出は禁止になったので諦めた。今年は行こうと、満開の時期は何時か?と小鹿野町役場の「おもてなし課」に何度か電話で確認して一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『鎌倉の秘境「番場ヶ谷」を歩く』

山仲間と鎌倉の里山を歩いてきた。貰った地図を眺めてみると、八幡宮や瑞泉寺の裏山を抜ける所謂「鎌倉アルプス」とは違うルートらしい。逗子駅からバスに乗ってスタート地点の「緑ヶ丘バス停」から登り始める。すぐに「名越切通」に出る。「切通」というと鎌倉の特徴でよくV字型の姿を思い出すが、ここのそれは荒々しい姿をしている。崖の岩石を切り出した当時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『春はまだ遠いの?』

このところ日替わりのように、寒かったり暖かったした日が続いている。まさに三寒四温の二月の陽気である。二月という季節は、子供のころは霜が降りて、真っ白な山が聳えて、冷たい空っ風が吹いて、との厳冬の風景を思い出すが、それも那須山の麓で育ったせいであろう。コロナ禍でこのところ北軽に行くこともないので、あのキリッとした寒さに会うこともないが、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『明日からもう二月如月』

“そろそろあそこの梅は満開かな?”と思って出かけたら、期待通りに満開だった。里山の中にある一軒屋の庭先の紅梅。梅林のそれと違って、のびのび育った孤高の樹形が好きで、毎年今頃になると見にゆく。何というわけでない、人の家の梅だけどこの梅が好きなんだな~。 もう明日から二月。如月(きさらぎ)という。旧暦二月でもまだ寒さが残っているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『春の気配を探して』

大寒も過ぎたので春の気配を探しにいった。いつも行く公園の梅はまだチラホラ咲いているだけ。早咲きの河津桜はどうかと、みると、こちらもチラホラ咲いている。よく見ると枯れた桜の花もあるので、このところの暖かさで咲いた花が、霜に当たって枯れたのだろう。人間界はコロナとの共存に負けて疲弊・困惑の一日一日だが、自然界は確実に回ってきている。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『冬の里山歩き』

庭の蝋梅や桜草が咲き始めた。これから厳冬期に入るというのに、元気なものだ。この前は、近くの河津桜が一輪咲いていたのを見つけた。暖かい日が続いたので、季節を間違えたのだろう。まだ雪割草は咲かないが、蕾をしっかりつけている。新しい年になってもう五日も過ぎてしまった。この分では今年もあっと言うまに過ぎてゆくのだろう。 最近は遠くに出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『夜の紅葉をみる』

東京の自宅の近くの公園は、小さいが春夏秋冬の風景が美しいので、時々は散歩に出かける。春は梅と桜、夏は花菖蒲、秋の紅葉、冬の雪景色と続くが、11月は紅葉が綺麗だ。それがライトアップされたと聞いたので、懐中電灯をもって、転ばぬよう長靴を履いて見に行った。小さな公園なので、たいしたことはないだろうと思っていたが、駐車場は車が満杯で、大勢の人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『紅葉の箱根路を歩く』

“箱根の紅葉を観よう”と、友人と箱根路を歩いてきた。「箱根湯本駅」から「芦ノ湖」までの旧鎌倉街道の「湯坂路ルート」なのだが、そこは若い者のように高度差873mの路を登るのは辛いので、山から下るルートを取った。これなら約6.8kmの路を下るだけだから楽だろう、と思ったが・・・さて。箱根を歩くのは二年前の金時山からの下山時に通ったきりで久し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『足柄古道の彼岸花』

もう北軽は秋の装いだが、秋分の日が過ぎると日本全体が秋らしくなる。”暑さ寒さも彼岸まで”との諺通り、まさしく朝晩は寒くなって、あの暑さはどこに行ったのか、と思う気候になってきた。そんな中、久しぶりに山の会の里山歩きに参加してきた。私のお目当ては彼岸花。あの青空に映える赤い花、時に可憐に、時には毒々しく咲き乱れる赤い花はやはり秋の花として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『六度目の十二ヶ岳登山』

十日ほど前のことである。いい加減、庭の草取りにも飽きたので、どこか山に登ろうか、ということになった。あちこち検討したが適当な山がなく、それならいつもの「十二ヶ岳」に登ろうと言うことになった。毎年5月の連休には登って、谷川岳を始め雪を被った上州・信州の山々を眺めるのが我が家の恒例だったが、今年はコロナ騒ぎで5月には北軽に来られなかったから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夏は来ぬ?』

長い~長い~梅雨が明けて夏が来た。雨、雨、雨の連日でうんざりしていたので、東京に一時帰郷をしてたら、八月一日に梅雨開けの宣言が出た。やれやれ、と思っていたら今度は猛烈な暑さとなり、雨後で湿気があったせいか、蒸し暑くこれまたうんざりする日が続いていた。何しろ気温が34度、へたすると熱中症になりそうな暑さが続くと、あの雨の日が懐かしくなるの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『雨に咲く花』

今日も雨だった。雲り→薄日→雨→大雨→曇り→小雨→雨の繰り返しの日が続く。毎日が憂鬱だ。雨の花というと代表は紫陽花だが、その花は終わりに近いのに梅雨はまだ開けない。「レインリーリー」と呼ばれる花がある。正式名は「ゼフランサス」という花だが、雨が降ると咲く花である。正確に言うと(雨が止んだ後に咲く百合の花}なのだからこう呼ばれているが、正…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『梅雨の合間に』

東京に戻っても、相変わらずぐずついた天気が続いている。雨の合間を見て、庭の草取りや雑用をこなしているが、今年の梅雨はなかなか終わらないとの予報も出ている。先日、薄日が射していたので、近くの公園を歩いてみた。車で公園脇を通った時に、蓮の花が咲き始めたのに気が付いたので、“たまにはその優雅な姿でも眺めるか・・・”と思って。数は少ないがやはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『志賀・田ノ原湿原のワタスゲ風景』

“田ノ原湿原のワタスゲが綺麗だったよ”とお隣の奥さんが言うので早速出かけてみた。「田ノ原湿原」は「志賀草津高原ルート」にある小さな湿原。ルート沿いには小さな湿原や池が数多くあるが、この湿原にワタスゲの名所があるとは知らなかった。朝早く家をでて有料道路を万座温泉に抜け、一気に渋峠まで登る。後ろに白く煙をたなびかせる白根山が、前に雪を残した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『近くの菖蒲田にて』

近くの公園の花菖蒲が見ごろだ、というので散歩がてら出かけてみた。コロナ禍で外出自粛のせいか人は少なめだが、それでもマスクをつけた大勢の人々が満開の花を楽しんでいた。 驚いたことにそんな菖蒲田に、アオサギ(青鷺)が舞い降りてきて無心に餌を探し始めた。公園には大きな池があるので、よくカワセミが飛んでくる。それを目当てにカメラを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『北軽の花を想う』

とうとう六月に入ってしまった。五月はブログの記事は一回しか書いていない。それも北軽井沢のそれでなく、東京の自宅の記事で。ブログのタイトルは泣くが、今までもごまかしてきたので、読んでいただいている方は容赦願いたい。コロナ禍で世の中変わってしまった。政治政策はガタガタ、世界は混乱と罵りあい続くが、自然は変わらない。日が昇り、日が落ち、草が伸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『五月のバラ』

とうとう5月31日まで外出禁止令が延長された。これではいつ北軽井沢に行けるのだろう。「雪見カメラ」を覗くと、浅間山の雪もかなり融けて山肌も見えている。Nさんの山桜も今が満開のようだ。今年はあの蝦夷山桜見られないのだろうか?。ブログのタイトルも変更しなくてはならない状態だ。昨日の新聞の短歌の投稿に、       「避暑地いま避難地となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『晴れた日は里山を歩こう・・』

Stay at Homeとはいえ、蟄居を強要されているわけではないので、晴れた日は裏山(と私は呼んでるが)を歩き回っている。そうでもしないと、それでなくとも劣化してゆく足腰が日々衰えてゆくのが目に見えるようだから。歩くところは、ある時は公園だったり、ある時は里山だったりするが、車で15分ほどの公園の駐車場に車を預け、そこから歩き始める。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『コロナ禍の自宅待機をすごす』

コロナ禍で自宅待機を命じられ、不自由で憂鬱な日を送っている。ただ何事にも良し悪しはあるもので、我が家では庭が少し綺麗になった。猫の額のような庭であるが、それでも春になれば草木はのび成長する。暇にまかせて木の剪定や庭の雑草を採るので、幾分綺麗になった。家を建てたころ植えた「白モクレン」は30cmほどの小さな苗木だったが、今となっては高さ1…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『宮ケ瀬湖の桜』

もう自宅付近の桜はいつもの年より早く、花吹雪となって散っている。先週末だったか、買い物のついでに少し足を延ばして「宮ケ瀬湖」まで行って今年最後の桜を眺めてきた。「宮ケ瀬湖」は丹沢の東の端にあるダム湖で、少し海抜が高いので、まだ桜は散っていないと思っていたが、予想通りで今が満開だった。 「鳥居」にある物産センターはいつもは賑わっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『谷戸の一本桜を見に行く』

桜の季節になると近所の谷戸の桜を見に行く。このブログでも毎年紹介しているが、不思議とこの季節になると見に行かないのは気持ちが落ち着かない。去年は4月5日に行って満開だったから、と少し早めに行ったが、もうかなり散り始めていた。谷戸の奥まったところにあるので、知る人ぞ知る桜なのだが数年前に映画「蝉しぐれ」の撮影に使われて有名になったというが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『桜、桜、桜・・・・』

コロナ騒ぎで外出もままならない。特にこの週末は外出を控えろ、とのお役所の偉い人からお達しがでた。老人は、家に閉じこもっていては、精神も肉体も弱ってくる。週末は雨の予報だったし、週日ならいいのだろうと、あまり人通りにない多摩の公園を梯子してお花見に出かけた。今年は、いつもより桜の開花が早かったので、もう花吹雪の状態か?と思っていたら、今が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『もう春だ!?』

三寒四温とはよく言ったもので、寒い日が三日続くと、暖かい日が四日続く。それも東京では、この頃は暖かい晴れた日が多くなったような気がする。もともと二月の「季語」だから、今は使ってはおかしいが、NHKでも使っているので問題ないだろう。桜の開花は靖国神社の気象庁指定の桜の木の花が五輪咲いたら開花宣言をするが、すでに一輪は咲いたと今日のニュース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『春風に誘われて』

天気が良かったので高尾山でも歩いてくるかと、家内を連れて出かけてきた。人込は嫌なのでいつもの「日陰」に車を置いて「城山」まで登り、尾根を歩いて高尾山頂から「いろは坂」を下りて「日陰」に戻るコースを考えていた。ところが「日陰」の橋が通行禁止になっている。まだ去年の大雨の被害が残っているらしい。仕方がなく高尾山でなく「景信山」を歩くことにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ザゼンソウを見に小倉山へ』

小倉山は大菩薩嶺の末端にある標高955mの里山。その山麓にザゼンソウの群落があるとのことで山仲間と共に観に行ってきた。ザゼンソウはサトイモ科の仲間で、その色と風貌が独特。坊さんが座禅を組んでいるように見えることから、座禅草と呼ばれるようになった由。 塩山駅からタクシーで北に15分、山間にザゼンソウ公園の入り口がある。近年塩山市も観光の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『早春の里山歩を歩いてきた』

暖かい陽に誘われて近くの里山を歩いてきた。いつものように登り口の駐車場に車を置いて、急坂の山道を登ってゆく。たいした上りではないが、のっけからの急坂でふうふう言って顎が上がる。このところの運動不足が如実にでる。はあはあ言って城址あとの神社にたどりつくと、足元に「タチツボスミレ」が一輪だけ咲いていた。いつもは道いっぱいに咲いてるのだが、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『松井田町 雲門寺の節分草を見る』

天狗の湯の湯上りに「上毛新聞」を読んでいたら、松井田町の「雲門寺」で節分草が咲きだしたとの記事があった。節分草はその名の通り節分の頃咲く可憐な花である。西洋ではスプリングフラワーの一つと言われている花である。東京の我が家の庭にも、去年2輪ほど咲いたが、今年は暖かい冬のせいで開花が早いという記事だった。。 丁度東京への帰り道だから寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more