テーマ:建築物

『八ッ場ダム・・・は今』

庭仕事や、力仕事で汗をかくと、たまには温泉で手足を伸び伸びと伸ばしたくなる。が、近くにある温泉「絹糸の湯」が営業開始が遅れているので買い物がてら「天狗の湯」まで遠出することにした。途中「八ッ場ダム」の工事現場を通るので、その後ダムはどのくらい出来たか、とのぞいてみることにした。展望台に登ると、なるほどダム本体は堂々と完成に向かって翼を広…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ビル・ゲイツの軽井沢の大別荘(?)の噂』

軽井沢近辺に住んでいる人が、一度は耳にしたことがある噂話がある。あのIT長者のビル・ゲイツ氏が軽井沢に大別荘を造っているという話。その後、どうなったかかと思ってネットで調べたら、雑誌「President on line」に詳細な記事が載っていた。 《ビル・ゲイツ氏》                     (写真は、ウイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『いただいてきました』

「北軽井沢観光協会」のHPで、以前から「あげます」とあった「木工用丸太」を三基、いただいてきました。もうずいぶん前から公示してあったので、"もう無くなったかな?"と思って電話しましたら、まだ少し残っていまして、"いつでもどうぞ"とのことでした。 《頂いた「木工用丸太」》 大きい丸太を二基。小さいのを一基。いや重かったこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『道の駅ツアー』

北軽井沢から東京への帰路は、いつもなら南に下って行くのだが、今回は北に向かった。たまには別コースも良いではないかと、順繰り「道の駅」を廻りながら帰宅しようと考えた。かなりの大回りになるが、我々は「お金}はないが、「時間」だけはたっぷりある。どんな新鮮な野菜が、どんな食べ物があるのか。そしてどんな「山野草」があるかと、期待して。 初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『橋のある風景(その七)ー軽井沢大橋』

軽井沢が観光の街であることは周知のことだが、さすがのこの橋まで足を延ばす人は少ない。地元の人か、湯川の南に別荘を持っている人、または国道18号が混雑している時に「佐久」に抜ける人が通るだけだろう。しかし、この橋から眺める秋の「軽井沢渓谷(?)」の紅葉は見ごたえがある風景である。 《「軽井沢渓谷」にかかる「軽井沢大橋」の鉄橋》 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇居「乾通り」の一般公開

物好きもいいとこで、皇居「乾通り」を歩いてきました。日曜日とあって混雑することは目に見えていましたのに。案の定地下鉄「二重橋前」駅を出たところから大勢の人人人・・・。重なるように大勢の警官が交通整理をしていました。結局、皇居前広場を延々と全周歩き、三列に分けた枠の中で一時間待ちし、やっとはいれた初めにて皇居内は・・・・すでにほぼ紅葉は終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のある風景(その六) 日本橋  東京都中央区

九月のことですが 「日本伝統工芸展」をみに日本橋の三越まで行ってきました。新宿からだと「大江戸線」から「浅草線」に乗り継いで「日本橋」で下ります。そこで久しぶりに、いや何十年ぶりに「日本橋」を渡りました。言わずと知れた♪お江戸、日本橋♪の日本橋です。徳川家康の時(1911年)に作られ、今の19代目の日本橋が出来たのは1911年のことです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のある風景(その五) 鬼怒楯岩大吊橋: 日光市鬼怒川温泉

「橋」は生活の為に、人や物を対岸に渡すものとの理解だったが、この橋はどうも観光用に作られたものらしい。 久しぶりに昔勤めていた会社の「無線の会」に出席のため、初めて「鬼怒川温泉」を訪れました。私は栃木県に生まれましたが、鬼怒川温泉に行ったのはこれが初めてです。あいにくの雨の日でしたが、「集まり」はこうした観光シーズンをはずれた時期が良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【正月の高尾山・陣場山へ】

正月三ヶ日が過ぎた四日(日)に陣場山から高尾山まで歩いてきました。今年初めての山歩きです。何しろ元旦早々新年会と称して動かず飲んで食っていましたので、確実に2KGは太った思いましたので、一つは腹ごなしに、もう一つは高尾山・薬王院の初詣風景を見てみたいと思い立って出かけました。 さすがに正月なので「陣馬山登山口下」までのバスは空いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【新年の縁起物】

娘家族との新年会で「宝船 七福神 あめ」なるものをもらいました。開けて見ると七福神の顔と「福」の字を書いた飴が八つ綺麗に並んでいました。「きんたろう飴」です。こんな芸術的(?)なものを見ると楽しくなります。と同時に、こんなものの中に日本人のすごさを感じます。どこの国に、こんな普段の生活の中に、緻密な、ユーモラスな、粋な物がありましょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足利学校

北軽井沢までは栃木から群馬へと北関東を横切ってきました。「北関東自動車道」を使えばあっという間に着くのですが、そこは老夫婦一行ですから「道の駅」を梯子しながら、とことこと走ってきました。途中、足利で家内が「史跡・足利学校跡」の案内を見つけて”寄りたい”というのです。栃木に生まれながら「足利学校」も良く知らないので、仕方なく(?)寄ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び臼田宇宙観測所へ

佐久の南、蓼科山麓にある「臼田宇宙空間観測所」に行ったのは去年の春まだ浅い5月でした。しかし、あの巨大な直径64mのバラボラアンテナをもう一度見たい、との気持ちはつのり、今回友達が来た機会に誘って又行ってきました。今回は二度目なので、道を間違えることもなく、車のすれ違いも難しい小道を通り越すと、観測所までのアクセス道路の落葉松林は綺麗な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”難局打開の鉄球”

世の中には面白いものが残っているものですね。関田峠から”光が原高原(上越市)”に下る道すがら「難局打開の鉄球」なる看板を見つけました。相変わらずの野次馬根性で、車を降りて見に行ったら、大きな鉄の塊(球)が二つ並んでおいてあり、”これがあの「あさま山荘事件」の人質救出作戦に使用された”鉄球”です”と、その謂れが書いてありました。年配の方な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

橋のある風景(その四) 聖橋(ひじりばし): 東京・千代田・文京区

JR「御茶ノ水」駅を東側に降りるとこの聖橋(ひじりばし)に出ます。聖橋は千代田区駿河台と文京区湯島の間を流れる神田川にかかるアーチ型の美しい橋です。竣工は昭和2年と言いますから、かなり古い橋ですね。橋は神田川を行き来する舟から見上げたときに一番美しく見えるよう設計されたと聞きますから、昔の設計者は中々「粋」ですね。何故聖橋というか?橋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メロディーライン

国道146号線、峰の茶屋から北軽井沢の間にメロディーラインだ出来ました。まだ、カバーを被っている標示板もありますので工事中なのかもしれませんが、先月から工事をやっていて、道路はほぼ出来上ったようです。工事中、初めて通った時は「メロディーライン工事中」とあったので、どんなメロディーの道になるかと気になって家内と耳を澄ましてみたのですが、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京スカイツリーの開業

東京スカイツリーが開業するというので、NHKを初めマスコミがこのところ連日大騒ぎをしているが正直奇異に思っていました。もともと年毎に高層化する東京の中で、地上波TVや携帯の電波に問題解決の為に計画された電波塔なのですが、何故か展望を期待する観光と商業施設で騒がれています。どちらかというと見ていて「ひょろひょろ」と建っている不安定なツリー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

橋のある風景(その二) 長池見附橋 東京・八王子市

よく散歩する公園が八王子の長池公園です。ここは自然がよく管理されており中々素敵な公園ですので、普通「唐木田の道」から、ここまで足を延ばすことがよくあります。この公園の入り口にあるのがこの《長池見付橋》で、なにかクラシックな雰囲気を携えていますが、公園や周りの高層住宅群と微妙にマッチした風景をかもし出しています。初めは何気なく見ていたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のある風景(その一) くじら橋:東京・稲城市

建物を眺めるのは子供の頃から好きで、よく長い時間ボーっとして眺めていたものです。橋もその一つです。”なんだこれは”と思ったり”綺麗だな”と思う橋があると、車を止めて橋をわざわざ歩いて渡ったり、周辺をぐるぐる廻ったりします。写真の橋は東京・稲城市にある《くじら橋》と名が付けられた橋です。その名のとおり、遠くからみると”しろながす鯨”のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more