テーマ:里山

『鎌倉の秘境「番場ヶ谷」を歩く』

山仲間と鎌倉の里山を歩いてきた。貰った地図を眺めてみると、八幡宮や瑞泉寺の裏山を抜ける所謂「鎌倉アルプス」とは違うルートらしい。逗子駅からバスに乗ってスタート地点の「緑ヶ丘バス停」から登り始める。すぐに「名越切通」に出る。「切通」というと鎌倉の特徴でよくV字型の姿を思い出すが、ここのそれは荒々しい姿をしている。崖の岩石を切り出した当時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『穏やかな日、湘南の里山を歩く』

“歩きたい”という願いは皆同じらしく、地元の友人から声を掛けられ湘南の里山を歩いてきた。一昨日は「春一番」で猛烈な風が吹いた、と言っていたが昨日は穏やかな陽が燦燦と輝いていた。大磯駅で待ち合わせし、住宅地を抜けだして山道に入ってゆく。目指すは「湘南平」。二年ほど前にもこの辺は歩いたが、その時は高麗山から抜けていったが、今日は少しコースが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『春の気配を探して(続)』

買い物のついでに、店の近くにある桜山公園に登った。登ったというほどの高低差ではないが、アップダウンがある公園なので、“少しは有酸素運動になるかな?”という、いじらしい心で歩いた。その名の通り桜の名所だが、今の季節は古木の桜木が並んでいるだけで人も少ない。それでも陽だまりでは、暖をとる同年配の夫婦が何組か休んでおり、サクソホーンの練習をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『早春の里山歩を歩いてきた』

暖かい陽に誘われて近くの里山を歩いてきた。いつものように登り口の駐車場に車を置いて、急坂の山道を登ってゆく。たいした上りではないが、のっけからの急坂でふうふう言って顎が上がる。このところの運動不足が如実にでる。はあはあ言って城址あとの神社にたどりつくと、足元に「タチツボスミレ」が一輪だけ咲いていた。いつもは道いっぱいに咲いてるのだが、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more