『秩父小鹿野の節分草を観に行った。素晴らしかった』

去年の2月だったか、北軽から帰路に松井田町の雲門寺によって節分草を観たが、その可憐な姿に魅了された。雲門寺のそれより規模の大きい節分草園が秩父小鹿野町両神にあると聞いていたので行くつもりでいたが、コロナで県境をまたぐ外出は禁止になったので諦めた。今年は行こうと、満開の時期は何時か?と小鹿野町役場の「おもてなし課」に何度か電話で確認して一…
コメント:0

続きを読むread more

『鎌倉の秘境「番場ヶ谷」を歩く』

山仲間と鎌倉の里山を歩いてきた。貰った地図を眺めてみると、八幡宮や瑞泉寺の裏山を抜ける所謂「鎌倉アルプス」とは違うルートらしい。逗子駅からバスに乗ってスタート地点の「緑ヶ丘バス停」から登り始める。すぐに「名越切通」に出る。「切通」というと鎌倉の特徴でよくV字型の姿を思い出すが、ここのそれは荒々しい姿をしている。崖の岩石を切り出した当時の…
コメント:0

続きを読むread more

『春はまだ遠いの?』

このところ日替わりのように、寒かったり暖かったした日が続いている。まさに三寒四温の二月の陽気である。二月という季節は、子供のころは霜が降りて、真っ白な山が聳えて、冷たい空っ風が吹いて、との厳冬の風景を思い出すが、それも那須山の麓で育ったせいであろう。コロナ禍でこのところ北軽に行くこともないので、あのキリッとした寒さに会うこともないが、そ…
コメント:2

続きを読むread more

『穏やかな日、湘南の里山を歩く』

“歩きたい”という願いは皆同じらしく、地元の友人から声を掛けられ湘南の里山を歩いてきた。一昨日は「春一番」で猛烈な風が吹いた、と言っていたが昨日は穏やかな陽が燦燦と輝いていた。大磯駅で待ち合わせし、住宅地を抜けだして山道に入ってゆく。目指すは「湘南平」。二年ほど前にもこの辺は歩いたが、その時は高麗山から抜けていったが、今日は少しコースが…
コメント:0

続きを読むread more