『冬の里山歩き』

庭の蝋梅や桜草が咲き始めた。これから厳冬期に入るというのに、元気なものだ。この前は、近くの河津桜が一輪咲いていたのを見つけた。暖かい日が続いたので、季節を間違えたのだろう。まだ雪割草は咲かないが、蕾をしっかりつけている。新しい年になってもう五日も過ぎてしまった。この分では今年もあっと言うまに過ぎてゆくのだろう。
P1100466.JPG

P1100482.JPG

最近は遠くに出歩くことが少なくなったが、時々家内と近くの里山を歩いている。まず海抜80メートルの、山というにはおこがましいが、裏山に上ってスカイツリーを眺める。時には煙って見えない時もあるが、このところ快晴でよく見える。森の中に入って木の株の椅子に座って、静かに小鳥の声を聴いていると、一時世の中の騒ぎを忘れさせてくれる。アブラチャンの大きな木がある。春になると黄色い花を咲かせて、周りを明るくしてくれる。山を下りるともう住宅街だが、小さな川に出る。この辺は、まだ自然が残っているので、川辺で、鴨や時にはカワセミの姿を見かける。この前もカワセミも出会ったので、どこかに巣があるのだろう。のんびりと釣りをしている人の姿を時々見かけるが、何を釣っているのだろう。
P1100468.JPG

P1100470.JPG

大きな道路を突っ切って、隣の山に入るとそこは里山。ゆっくり尾根を上り、谷戸に下りる。春には山桜が咲き、春蘭が足元に咲く。以前はキンラン、ギンランも見かけたが、絶滅したのか最近は見かけない。ただ、今は冬。冬枯れで何も見つからないが、それでも里山の大きな木の下でゆっくりすれば、それはそれで癒される。こんな小さな里山歩きでも、今だからこそ静かに楽しむことができる。
P1100488.JPG

P1100490.JPG

春になってこの里山に緑が燃え出る頃にはコロナ騒ぎが終わっていることを今は切に切に願っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

まちりの
2021年01月07日 21:28
良い里山が近いのですね。こちらは雪解けまで登れません。
きらな
2021年01月08日 09:42
幸い、外出禁止の御時世でも散歩がてら里山歩きができます。そちらは大雪で大変でしょう。春が待ちどうしいですね。