『夏は来ぬ?』

長い~長い~梅雨が明けて夏が来た。雨、雨、雨の連日でうんざりしていたので、東京に一時帰郷をしてたら、八月一日に梅雨開けの宣言が出た。やれやれ、と思っていたら今度は猛烈な暑さとなり、雨後で湿気があったせいか、蒸し暑くこれまたうんざりする日が続いていた。何しろ気温が34度、へたすると熱中症になりそうな暑さが続くと、あの雨の日が懐かしくなるので、人間とはまったく勝手な生き物だと自分でよくわかった。早速北軽にとんぼ返りして三日が経つ。さすがに家内もこの暑さにお手上げか、今回は単身赴任とならなかった。しかし北軽も朝は19度と低いが、日中は結構蒸し暑くなる。あの夏特有のカラッとした、この写真のような青空にはまだお目にかっかていない。夏が来たことをまだ実感できていない。
P1030154.JPG

まあ、考え方ひとつで良くも悪くもなるが、幸い伸びきった雑草との戦いにはあまり暑くないのが幸いかもしれない。首にタオル巻き、ボロボロのズボンをはき、長靴を履き、麦わら帽子をかぶり、腰に鎌と剪定ハサミで武装して、今日で三日ガーデニング(?)に余念がなかった。北軽に行くと言うと、現実を知らない近所の奥さん方は “いいわね~”とおっしゃるが、朝の5時に起きて、夕方6時まで働いている。「月月火水木金金」という、戦争中の合言葉を思い出す。まあ、おかげで大体この作業の終わりの目途が立ってきた。せめて汗だくで疲れた体をお湯につかって癒し、今日、鮮やかな艶姿を見せていていた「野甘草(のかんぞう」の花にでも慰めてもらおう。
P1090371.JPG

夕暮れの風に当たって、ビールをでも飲むのもいいかな~?と思っているが、俺って下戸なんだけどね。

(追記)カラッとした夏が来ないと天に文句を言ったら、今日10日は朝から晴れて青空と、昼には入道雲がもくもくと立ち上った。どうも聞かれていたらしい。やっと夏が来た! 夏が来たぞ~! それに今日は「山の日」だ。ところが午後になって青空が一転にわかに立ち曇り、雷がなり、大雨となった。ガラガラピシャと近くに落雷もあり停電も発生したので、まったく天の神はサービス過剰である。まさしく♪にわかにすぎる夏の雨♪だった。
P1090400.JPG

夕立後にお空に虹が出たのはいかにも夏が来たことを分からせてくれるおまけ付きであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

M 高橋
2020年08月10日 16:57
暑くなりましたね。我が家の畑は豊作で暑い中、トマトだキュウリだトウモロコシだと収穫を迫られてます。それは全て私の役目なのです。
東京の娘は今年は帰省できないだろうと、それを送ってます。
きらな
2020年08月10日 20:15
やっと夏が来ましたが、日照不足で我が家のトマト、インゲンが今一です。新じゃがが取れたのでふかしておいしく食べました。お盆休みとはいえ、コロナ禍で帰省もままならず。終息が見通せれば、その日を目標に動けるのですが、こうも感染者が増えてくると、一体いつまで、と叫びたくなるこの頃です。お互いに感染しないようしっかり健康を維持しましょう。