『梅雨前線が居座って・・』

梅雨前線が日本上空に居座って雨の日が続いている。テレビや新聞で見る九州、岐阜、長野などの被害を見るに、目を覆いたくなる光景が広がっている。去年の秋の台風19号の被害を思い出すが、千曲川の沿岸の人々は他人事とは思わないだろうし、いつまた同じ被害が襲ってくるかと戦々恐々の心地がしているのではないだろうか?。台風19号の通過した後で、北軽から上田に向かった時、鳥居峠の手前で道の半分が崩れ落ちているのに出会った。それが先日通ってみたらまだそのままで道幅は半分になっていた。国道が、である。あれから半年たっても復旧されていないのに驚いた。あまりにも被害が多かったので、半分でも通れれば復旧は後回しになったのだろか?。
同じ日に上田から東御を回って地蔵峠経由で北軽に戻った。登り口に「大型車は通行禁止」とあったので、どこか崩壊・崩落しているのか、と思って恐る恐る通ったが、特にそんな気配もなく峠に到着した。しばらく峠一面に咲く、満開のレンゲツツジの花を眺めてゆっくり鹿沢に下りてきたら、いたるところ道路が崩壊して片道通行個所が六ケ所あった。さすがに復旧工事をしていたが、この道がこんなに脆く崩れるとは知らなかった。あの日ここを通つたら大変な事故にあっていただろうに。改めて自然の恐ろしさを知らされ思いがした。
P1090151.JPG

今週も来週も雨だという。時々雲間から月が覗く日もあったが、一体いつになったらカラッと晴れた青空を眺められるのだろうか?

北軽には、青空とカラマツ林を通り抜ける風が似合うのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント