『浅間酒造さんから粋な贈り物』

「コロナ禍の感染拡大で皆さん気を抜くことは出来ない状態で、自宅にいることが多くなるでしょう。こんな時、少しでも皆様に和らいだ時間を過ごしていただくために、弊社は長野原町にお住いの皆様に特別に作った「秘幻朝の刻」を届けることにしました」との案内で「浅間酒造」さんから案内文と無料引換券が届きました。早速、朝一番で引き換え所の「北軽井沢観光案…
コメント:0

続きを読むread more

『ヒキガエルの子』

ギボウシの花株が大きくなりすぎたので、引っこ抜いたら下から体長15cm位のヒキガエルの子どもがでてきた。草の根元に空洞を作って住み着いていたのだろう。醜い姿と言えばそうだが、見方にとっては可愛いともいえる。神はよくぞこんな姿の動物を作ったものだ。目にアイシャドウを施して、逃げもせずじっとこちらを睨みつけてる。ふてぶてしい姿と、睨みつける…
コメント:2

続きを読むread more

『志賀・田ノ原湿原のワタスゲ風景』

“田ノ原湿原のワタスゲが綺麗だったよ”とお隣の奥さんが言うので早速出かけてみた。「田ノ原湿原」は「志賀草津高原ルート」にある小さな湿原。ルート沿いには小さな湿原や池が数多くあるが、この湿原にワタスゲの名所があるとは知らなかった。朝早く家をでて有料道路を万座温泉に抜け、一気に渋峠まで登る。後ろに白く煙をたなびかせる白根山が、前に雪を残した…
コメント:0

続きを読むread more

『北軽井沢の朝な、夕な・・』

北軽井沢では空気が澄んでいるから、自然界の変化が毎日のように楽しめる。その一つは朝と夕に見られる。朝、郭公の声に起こされて時計を見ればまだ5時前。外は白み始めているので起きだすと、東の空が段々赤くなって、木々の間から朝日が漏れてくる。ふと見上げると西の空に虹がかかっていた。夕立後の東の空の虹や、浅間山に懸かる彩雲を以前見ることはあったが…
コメント:1

続きを読むread more

『アサギマダラの飛ぶ季節』

裏の林の中の草取りをやっていたら、蝶が飛んできた。よく見ると、なんと「アサギマダラ」だった。慌てて家内を呼び、自分はカメラを取りに部屋に駆け戻った。戻ってみたら、どこかに飛んで行ってしまったようだったが、探したら幸いミヤコワスレの花に留まっていた。北軽では「クジャク蝶」を始め珍しい蝶がみられるが、なんといってアサギマダラに特に愛着を感じ…
コメント:2

続きを読むread more

『一編の詩に慰められて』

スーパーで妻恋キャベツを買った。丸々一個68円とはどんな仕入れ価格だったのだろうと思いながら,保湿のために置いてあった新聞で丸めて家に持ち帰った。家内がキャベツを刻んでいるので、何気なくその新聞を読んだら、日曜の文芸欄があって、そこに投稿された詩「漂流」を読んで “ああ、今の生活を、こんな感受性で受け止めている方のあるのだ”と感激し一編…
コメント:0

続きを読むread more

『近くの菖蒲田にて』

近くの公園の花菖蒲が見ごろだ、というので散歩がてら出かけてみた。コロナ禍で外出自粛のせいか人は少なめだが、それでもマスクをつけた大勢の人々が満開の花を楽しんでいた。 驚いたことにそんな菖蒲田に、アオサギ(青鷺)が舞い降りてきて無心に餌を探し始めた。公園には大きな池があるので、よくカワセミが飛んでくる。それを目当てにカメラを…
コメント:0

続きを読むread more

『北軽の花を想う』

とうとう六月に入ってしまった。五月はブログの記事は一回しか書いていない。それも北軽井沢のそれでなく、東京の自宅の記事で。ブログのタイトルは泣くが、今までもごまかしてきたので、読んでいただいている方は容赦願いたい。コロナ禍で世の中変わってしまった。政治政策はガタガタ、世界は混乱と罵りあい続くが、自然は変わらない。日が昇り、日が落ち、草が伸…
コメント:0

続きを読むread more