『北軽井沢の朝な、夕な・・』

北軽井沢では空気が澄んでいるから、自然界の変化が毎日のように楽しめる。その一つは朝と夕に見られる。朝、郭公の声に起こされて時計を見ればまだ5時前。外は白み始めているので起きだすと、東の空が段々赤くなって、木々の間から朝日が漏れてくる。ふと見上げると西の空に虹がかかっていた。夕立後の東の空の虹や、浅間山に懸かる彩雲を以前見ることはあったが、西の空の虹を見たのはこれが初めてのことだった。朝霧がまだ空に残っていたのだろう。
P1080862.JPG

P1080861.JPG

そして夕方になると、西の四阿山と北の白根山の間に落ちる夕日は絶景である。木々が真っ赤になり、空は茜色に染まり太陽が沈んでゆく様は、何とも言えない気持ちになる。“こんな夕焼けは初めて見た”と我が家を訪れた山の友人がふと漏らした言葉が忘れられない。彼女は裏の牧草地で出て、私が心配するくらい、沈みゆく太陽をいつまでもいつまでも眺めていた。
P1080565.JPG

夏の日には、東の空に入道雲が出ると、その雲がまた夕日を浴びて赤く染まる。木々の上に黙々と広がる赤く染まった入道雲は、また明日の天気を約束してくれるように悠々と天空に上っていった。
P1080947.JPG

P1080940.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

まちりの
2020年06月23日 12:36
アンテナは無事のようですね。