『山で死んではいけない』 (本)

この冬は雪が多くて奥多摩などの近場の山も歩くことができませんでした。その代わりと言ってはなんですが、「遭難」関連の本を家で読み漁っていました。どの本でも、近頃の中高年の登山ブーム(私もその一人ですが)に乗って、山での遭難は中高年が激増しているとの結論で、警鐘やら、励ましやら、皮肉やら・・・・が書かれていますので、読んでいるとだんだん山へ登るの気持ちも後ろめたく感じてしまいます。
もっとも、今一番登山者が多いのは中高年世代ですから、遭難の比率も比例して多くなるのは当たり前のことですが。

画像


中高年の「日本百名山」ブームはすごいですね。日本の「百名山」に登るのにいくらかかると思いますか? 2003年の近畿ツーリストの「百名山」ツアーで700万円だそうです。今では1000万円? これなら旅行業者も登山が格好の商売になるでしょうね。反面、粗悪な旅行業者にあたると、登山ツアーでトムラウシ山のようにガイドも含めた9人が凍死する事件が起きるのもうなずけることですが。

確かに歳をとると、体力落ちて気力だけで登っていることなどあって、自分でも“落ちたなー”ってわかりますが、どんな低い山でも一度あの登頂の達成感を味わうと“また登ろう”という気になるのは、山は麻薬みたいなものですね。この本には主要な山岳地図があって、過去の遭難の現場が地図上にプロットされいます。“へえ、こんなところで?”と思う場所もあります。年代別、遭難の原因、負傷・死亡、などの2009年までですが記録もあり大変参考になります。

遭難しない秘訣は「山に登らないこと」ですが、これは逆説ですね。自動車事故を起こさない秘訣は車に乗らないことと同じかな? ともあれ私の登る山はアルプスとかいった高山でなく「低山」ですから、それなりに注意して登ればなんとかなると思っています。 ただ、低山でも相当の遭難者が出ている事はこの本が教えてくれます。耳学問(眼学問かな?)でも色々な遭難経験を読み聞きして、それを生かし、私の周りの人に迷惑をかけないように努力してます。

<いつかある日>




     原曲:ロジェ・ヂュプラ 訳詞:深田久弥 作曲: 南郷 孝

歌詞は悲しい内容ですが、良い歌ですね~。


本来の原詩のに日本語訳は:

   もしもある日(訳詞:高思明)

もしもある日、山で死ぬことがあったら
ザイルで結ばれあった古い登山仲間の君に
この遺言を託しておく

おふくろに会って伝えてほしい
おれが幸せに死んでいった、と
おふくろがいつも心の中にいたから
苦しむことはなかった、と
おやじには言ってくれ、
おれが一人前の男だった、と
弟には今こそバトンを渡すぞ、と
女房には、おれがいなくなっても生きていけ
おれが彼女なしで山で暮らしたように、と
息子たちにはエタンソン谷の花崗岩におれがつけた
ハーケンの跡をいつの日にかたどってくれ、と

そして君にもお願いがある
愛用のピッケルがむざむざ朽ち果てていくのはいやだ
登山ルートを外れた、どこかひと気のない
見晴らしのいい斜面を選んで
こいつのためだけに小さなケルンを積んで
そこに突き刺してやってくれ
こいつが氷壁に射す朝日の勢いに照り
山稜のかなたを真っ赤に染める夕日に映えるように

そして君にはおれのハンマーが形見だ
これをふるって花崗岩をたたき
岩壁に山稜に響きあう音で
おれの屍を喜びにうち震わせてくれ
さあ行け、おれはいつでも君と一緒だからな

(HP「二木紘三のうた物語」から引用させていただきました。)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

クサカル
2014年04月07日 23:02
「山で死なないために」「続・山で死なないために」は、持っています。一瞬題名を見たときそれかと思いましたが、違いました。遭難関係の本は、私もかなり読み漁りました。トムラウシ山遭難も書籍化(最近文庫化)されていますが、値段が高いのでまだ持っていません。そして、ちょうど昨夜きらなさんご推薦の「凍」読み終わりました。ずいぶん前に買っていましたが、本を読む気分になれず長らく放置していましたが、この週末やることが無く、土曜日に1/3くらい読んで、もう日曜日には全部読んでしまいました。ああいう人たちばかりが山登りをすれば遭難もほとんど無いでしょうね。しかし、ああいうスーパーマンのような人たちですら、天候悪化と雪崩には勝てないのですね。自然の前では、山の前では人間は無力だと痛感しました。あと、最終アタックで奥さんを連れて行ったのはやはり夫の責任ではないでしょうか。いくら、スーパーウーマンと言っても体調が悪いのが分かっていたのだから。両手の指が全部無くなってしまうって。。。普通の女性なら自殺してしまうでしょう。そして、あの雪崩で奥さんが滑落した後の、夫を信じる奥さんの行動と、ロープを見てすべてを理解する夫の行動。あそこはクライマー夫婦のお互いの絆の深さを思い知らされた場面です。良い本をお勧め頂きありがとうございました。この本も安ければ読んでみます。図書館というのはどうも考えられません。返すのが面倒です。。。(笑)
kazz
2014年04月08日 06:39
きらなさん、おはようございます。
私も読みました。
100名山にこだわるのはどうかなと思いますが、
夢中になれることを持つことは、
とてもいいことだ思います。
遭難はだれにも起こりうることでだと思います。
必要なのはいざというときの心の準備と、
登山用の保険に入ることでしょうか。
きらな
2014年04月12日 19:32
クサカルさん、私も「山で死なないために」の二冊は読みました。良い本ですね。とにかく遭難の本は片っ端から読んでいます(笑い)。羽根田さんのトムラウシ山遭難の記録も読んでますが、記録映画をみるように実に丁寧に判り易い文章で大変役に立ちました。(こんな本が役に立っては困るのですが)。山野井夫妻はTVで見てその活躍を知ったのですが、夫婦の目が綺麗で山への情熱が感じました。妙子さんの性格もいいですね。山野井さんは中学の頃から千葉のロック登攀で血だらけのなって家に戻ってきたり、山岳会の入会を中学生なので断られたしたようでその情熱はその頃から尽きることがないようです。「凍」の沢木の文章も歯切れが良くていいですね。このごろ彼の他の本をよんでいます。
図書館の活用はいやですか(笑い)私は読んで気に行った本をを買うようにしています。
きらな
2014年04月12日 19:48
百名山ブームはともかく山は登ってみないとその山の良さが判らないので良き指針ではないかと思います。でも低くても良い山はたくさんありますね。私は昔の人の登山の本、例えば田部重治の「山と渓谷」とか、を読んで地図で追いかけてみて、色々想像して、出来ればその道を歩いてみたいと思っています。白砂山に登ったのも藤島敏男の「山に忘れたパイプ」を読んでからでした。今は川崎精雄の本を読んでいます。でもこの歳ですから人一倍遭難には気を使っています。保険にも勿論入っています(笑い)。
クサカル
2014年04月13日 13:41
きらなさん、こんにちわ。山野井さんの友人で、国内トップレベルのクライマーの野田賢さんが先月末、北アルプス槍ケ岳(2889m)で滑落死しました。昨年6月には、登山家の山野井泰史さんとペルーのプスカントゥルパ東峰、南東壁を世界で初登攀したばかりだった。一昨年の秋には、単独でネパールの6千メートル峰に挑み、雪崩に遭って氷河の割れ目に転落したが、手足に軽い凍傷を負っただけで生還したというのに。山は高さで遭難するわけではない。もちろんリスクは高まるのかもしれないが。北ア救助活動にも尽力していた、将来を宿望された31歳の若すぎる命が失われてしまった。どんなに技術があっても、経験があっても山の遭難は防げない。悲しいけれどそれが現実なんですね。もちろん、一般人とは無縁の危険な冬山の話ではありますが。ご冥福をお祈り致します。
きらな
2014年04月13日 14:48
ええ私も新聞で読みました。クライマーに関しては私は良く知りませんが野田さんはトップクラスのクライマーだったようですね。31歳とは何と若い! クライマーが山で死んだら本望だというのは嘘ですよね。死んでは何もならない。遭難した場所は彼にとっては厳しい壁ではなかっと聞きます。我々には無縁の事故ですが、やはり悲しい出来事ですね。冥福を祈ります。

この記事へのトラックバック