『JAXA相模原キャンパス』の見学

「カザグルマのシンポ」が始まる前に時間があったのでJAXA(宇宙航空研究開発機構」を見学してきました。前々から興味があったのですが、近くにいてもなかなか時間が取れなくて。それでこの機会にと思い早めに家を出たのです。(JAXAの相模原キャンパスは博物館の反対側にあります)。
門を入ってすぐの庭に大きなロケットの実物大の模型が二基あります。現在打ち上げてているロケットはもっと大きいのでしょうが、これでもやはり迫力があります。小学生の頃からあこがれていたロケットは、糸川博士のペンシルロケットから始まったのですから、この大きなロケットを見ているとなんとも感慨深いものがあります。

《大型ロケットの模型》
画像


画像


建物中にはJAXAの研究の実績ともいうべき数々の衛星、ロケット関連の設備などが展示されていました。ここはキャンパス、つまり大学院の研究施設でもあるので、展示は素人っぽい感じですが、JAXAのこれまでの実績を誇示するように数々の展示品が並べられていました。勿論あの有名な「ハヤブサ1号」の模型も。日曜なので見学者は子供連れの親子が多かったですが、こうして科学の殿堂に小さい頃から親しむのは素晴らしいことだと思います。

《ハヤブサの模型》
画像


《展示室の様子》
画像


画像


プロモーションビデオを見たり、色々な展示品の説明を読んだりしていたら、“これからロケットの発射音の録音を再生する”というのです。何でもロケット発射場から3KMの距離で録音したものとかで、聞くとドドドドーンとすざましい音です。迫力ありますね~。一度本物の打ち上げを見て見たいという気になります。そういえは2月28日の早朝H2Aの打ち上げるよう(2::50 AM)なのですが・・・Youtubeで見られるとか。

小一時間で見学は終えました。最後に説明員の大学生に聞いてみたかったことがありますが、家内はやめろという・・・・。質問、“今日は竹内結子さんはお休みですか?” と。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック