戸隠神社(とがくしじんじゃ)へ

友人二人が尋ねてきてくれましたので、一緒に戸隠神社・奥社を参拝してまいりました。戸隠までは北軽井沢から車で約2時間半。ちょっと長野市の複雑な迷路に迷いましたが、「バードライン」を経て朝9時前には奥社入口到着しました。戸隠神社は、長野市の北西部の戸隠山周辺に五社を配する神社で二千年以上の歴史のある神社です。その中の一つ、奥社はもともとは地主神である九頭龍大神(くずりゅうのおおかみ)を祭ったものだったようですがですが、今の奥社の祭神は天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)で、天照大神が隠れた天岩戸をこじ開けた大力の神で知られています。神話では天手力雄命が投げ飛ばした天岩戸が、現在の戸隠山であるとされていますが面白い神話ですね。
「奥社入口」の駐車場から奥社までは約半里(2km)歩かねばなりませんが、今の季節、参道には「カタクリ」「ニリン草」「アズマイチゲ」の花が咲き乱れ、参道歩きの疲れを癒してくれます。

《入口の大鳥居をくぐって奥社へ》
画像

《参道の両側に咲くニリン草やキクザキイチゲの花が咲く》
画像

画像


中間に当たる随神門を過ぎると杉の大木の並木道が続き、やがて山の麓、霧の中に奥社が見えてきます。朝のすがすがしいれ冷気を浴び、小鳥のさえずりを聞きながらの歩きは、身も心も清冽になるような気がします。

《随神門。奥に杉並木の参道が見える》
画像

画像


《奥社風景。右手奥が奥社、左手階段の左が九頭龍神社》
画像

《奥社》
画像

《九頭龍神社》
画像


奥社参道の隣は「戸隠森林植物園」となっています。水芭蕉の群生があるというのでこちらも散策してきました。

《水芭蕉の群生。素晴らしいですね》
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック