浅間(アサマ)か浅間(センゲン)か?

浅間山は「あさま」と呼ぶのに、浅間神社はなぜ「せんげん」神社と言うのだろうか? 私の単純な疑問です。それで先ず「あさま」の語源を調べてみると色々な説がありますが、寺田寅彦博士の説が面白い。
曰く:《「古語でアサマは火山を意味したのではないか」という。日本の火山の名称には「ア行音+サ行音(浅間、阿蘇、有珠、恐、恵山、雲仙、等)」という「音の類似」が多くある。》
他には:《「アサマ」はアイヌ語で「火を吹く燃える岩」の意味から名付けられた。と言う説。》
また南方説で:《マレー語では、「アサ」は煙を意味し「マ」は母を意味するので、その言葉を火山である富士山にあてたとする説。》などなどです。
いずれも「浅間(アサマ)」は古来「火山」を意味したようです。

ところで「浅間神社」は富士山と深くかかわっています。富士山は古くは「福慈神」又は「不尽神」と記載される日本鎮護の神山でありましたが、奈良時代末から火山活動が活発化してその霊力と恐れから火山神(浅間神)としての信仰が広がったといいます。富士山が見える場所は言うに及ばず、見えない場所も高い山を「XX富士」と呼んで「浅間さま」を祭りました。富士講が栄えたのも同じ理由です。富士山の祭神は「木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)」といわれていますが、いつごろから「コノハナサクヤヒメ」が蔡神になったか不明のようです。ヒメは「ニニギノミコト」に美貌をみそめられて嫁ぎますが、一夜にて孕んだため、ミコトの疑惑を買いました。ヒメは身の潔白を示すため、全裸で開けっ放しの産室にこもり、身に火をふりかかけて三子を産み落としました。ために後世、火を噴く山 富士の神として崇められた、との伝説があります。
このように浅間大神は「木花咲耶姫」というのが一般的ですが、しかし、富士山本宮浅間大社の社伝では火を鎮める「水の神」とされていし、多くの浅間神社のなかには、「コノハナサクヤヒメ」の父神であり「山を司る神」である「オオヤマズミノミコト」や、姉神である「イワナガヒメ」を主祭神とする浅間神社もあるそうです。

画像

       
それでは「アサマ」がどうして「センゲン」と呼ばれるのか? これは、“元来、浅間は「アサマ」読みだが江戸時代に「センゲン」と読みならわされたようです。「仙元」とも書いたようで、「浅間嶺」にある浅間神社も以前は「仙元神社」とか言われていたとのことです。「センゲン」と呼び始めたのは鎌倉から江戸時代にかけて、中国文化の影響が大きく、熟語をむやみに「音読み」にしたためと言われています。山や地名だけでなく、学者や芸術家などもこぞって名前は支那くさい名をつけたからでといいます。
そう思うと「アサマ」でも「センゲン」でもなんとなく納得が出来ますが、読みはやはり「訓読み」で「アサマ」の方が私は好きですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

クサカル
2013年01月04日 22:32
新年明けまして、おめでとうございます!久々にきらなさんのブログが気になって覗きに来ました。メキシコの記事、とても興味深かったです。以前からメキシコの遺跡にお詳しいようでしたが、5年も住んでいらしたんですね。商社マンだったんでしょうか?やっぱり年収が1千万を超えるようでないと、軽井沢に別荘なんて持てませんものね。。。さて、私も軽井沢に住んでいたことがあるのですよ。軽井沢と言っても、横浜の軽井沢です。横浜市北軽井沢町という町が横浜駅の近くにありまして、そこにマンションを買って一人で住んでいたことがあります。わざわざ本籍もそこに移したんですよ。ですから今はそこには住んでいませんが、本籍地だけは今だに北軽井沢町なんです(笑)。そのすぐ近くに、浅間下というすごい交通量の多い交差点があるんですが、”せんげんした”と読みます。なんで、”あさました”ではないのか?と当時は思っていたものです。きらなさんの記事を読んで当時を思い出しました。
きらな
2013年01月06日 20:31
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。メキシコにいたのはメーカーの技術駐在でしたので商社マンのような高給取りではありません(笑い)。横浜の西区に「北軽井沢」の地名があるのは知っていました。「南軽井沢」もあったと記憶してます。「浅間下」は「せんげんした」と読むのですか。初めて知りました。「あさました」と呼んでおりました。確か、西口から「第三京浜」への道の途中でしたね。と言うことは近くに「浅間神社」か「浅間台」かがありますね。

この記事へのトラックバック