足利学校

北軽井沢までは栃木から群馬へと北関東を横切ってきました。「北関東自動車道」を使えばあっという間に着くのですが、そこは老夫婦一行ですから「道の駅」を梯子しながら、とことこと走ってきました。途中、足利で家内が「史跡・足利学校跡」の案内を見つけて”寄りたい”というのです。栃木に生まれながら「足利学校」も良く知らないので、仕方なく(?)寄ることにしました。「足利学校」の歴史をここで延べるつもりはありませんが、とにかく平安時代からある関東での最高学府だったところです。かのザビエル宣教師もEUに最高学府と紹介したとあります。はじめは儒学を教え始め、あわせて「易学(占い)」と「兵学(戦い方)」も教えたと案内にありました。そのせいか明治や昭和の訪問者の中には乃木大将はじめ、xxxx中将、とかいった軍関係者の参拝樹が多いのが目に付きます。観るといっても、歴史に興味がなければ、建物や「孔子廟」といった以外に、これといった見学場所もないのですが、”街の中心にありながら、優雅な建物とその静かな落ち着いた景観・雰囲気に浸るだけでも訪れる価値があるかな~”っといったところが私の感想です。
実のところ私が足利に寄ったのは、「足利学校」より足利の銘菓となった昔懐かしい「古印最中(こいんもなか)」が買いたかったからです。この最中、足利学校で使われた大小の「古印」の形を模したユニークさと、ずっしりしたつぶ餡のいっぱい詰まった厚手の最中で、私のお勧めのお菓子の一つです。ちょと甘すぎるのが少し難ですが。

<足利学校の遠景や建屋。やはり赴き深い建物ですね>
画像

画像

画像


<こちらが「古印最中」です。いつか、ご賞味あれ>
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック