佐久平をひと巡り

この所、毎日のように庭を這うようにして雑草を取り、植物を植え替え、土を掘り返していると疲れがたまってしまう。気晴らしにと、昨日は上田から佐久にある花屋を尋ねて廻った。祭日であり、花屋は結構人々があふれ、30台停まれる駐車場はいっぱいになっていた。春を待っていた人々は競うように気に入った花を探しているのだろう。上田の花屋では、今年はこれといった花もなく、佐久の花屋でも目的とした《青いケシ》は今年は売っていなかったので収穫はなし。《青いケシ》は昨年同じ店で小さな葉のを二鉢買っって植えたが、やはり芽が出なかった。まだ判らないが、やはり枯れてしまったのだろう。可愛そうなことをした。もともとヒマラヤの花なので、北軽井沢でも育つと店の小父さんが言っていたが、素人が育てるのは難しいのだろう。上田では桜が今満開だが、佐久はもう散り始めている。土手にはタンポポが一面に咲き、佐久の林檎の木はもう白い花を咲かせている。五月の節句の祝いの為か、アチコチに幟(のぼり)が立っている。鯉幟をたてているの家もあるが、この地方では武者幟を飾る風習があるのだろうか?。田圃の土手に一列に幟が立っている風景があったが壮観だった。そんなこんなで祭日の一日は佐久平の春の風景を眺めて過ぎていった。家に戻ると夕焼けが綺麗だった。四阿山の縁を掠めるように夕日が沈んでゆき、空は真っ赤に染り、山の麓は広く雲で覆われている。こんなに夕日が綺麗だと明日は雨になるだろう
<佐久平の武者幟の風景。>
画像

<夕焼け空>
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック