浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画ー”那須少年記”

<<   作成日時 : 2011/06/28 06:28   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

段々歳を重ねると、何かのことで昔のことが思い出されるようになってきています。先日、久しぶりに「蔦や」に入って、この「那須少年記」というDVDを見かけ、名前につられて借りてきました。以前に書きましたように、私の生まれ故郷は栃木県の最北の那須です。ここで18年暮らし、毎日のように那須連山を眺めて暮らしました。那須地方は内陸なので夏は暑く、冬は風の冷たい処ですが、私にとっては自然にはぐくまれた懐かしい故郷です。「那須少年記」は黒磯市(現那須塩原市)出身の森詠の小説「少年記 オサム14歳」の映画化した作品ですが、映画の主人公の年齢からみて、私より4〜5歳上の時代でしょうか。映画の内容も、皆貧しかったけれど、素直に頑張って生きていた古き良き時代の生活が素直に作られていて好感が持てますし、自然環境・社会環境は私の育った頃の環境そのものでした。あの、独特の栃木弁も。そして、何よりも映しだされている茶臼岳、朝日岳の山々、那珂川の清い流れ、青々と続く田園風景と森の映像は昔と変わりありませんでした。あの古い木造の校舎は、黒羽の奥にある、旧須賀川小学校跡を撮影に使ったと聞いていますが、兄が昔、須賀川中学校に赴任した際に遊びに行った処なので、この小学校の風景も懐かしいものでした。三年前の2008年の作品といいますが、社会情勢に疎い私は、今この作品を発見して嬉しくなっています。興味がありましたらぜひ一度観てみて下さい。

画像


suiapi2さんのYou Tubeによる「那須少年記」の予告編です。


懐かしい木造の小学校の校舎。旧須賀川小学校(廃校になったのを地元に人たちが保存・管理している)。今となっては貴重な懐かしい校舎風景ですね。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画ー”那須少年記” 浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる