アクセスカウンタ

浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・

プロフィール

ブログ名
浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・
ブログ紹介
浅間高原の山麓、北軽井沢に小さな山小屋を建て過ごすようになってかれこれ数年が経ちました・・・・・・。高原での静かな日々の中で、見たこと、感じたこと、思ったことなどを季節の移り変わりに添って書いています。
.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『行く春や』
『行く春や』 ふと見上げると白いミヤマザクラ(深山桜)の花が咲き始めていた。この花が咲くということとは、遅い北軽井沢の春も少しづつ夏に近づいてゆくのだろう。リンゴの花が満開になっている。今年は花も数も多い。10年たってやっと本来の樹の力が出てきたらしい。やがて花が散って、少しづつ初夏に季節が変わってゆく。どんよりとした梅雨空を見上げてそんな季節を感じていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/26 06:58
『故郷の山はありがたきかな・・』
『故郷の山はありがたきかな・・』 「日本は山国だから、何処に行っても山が見えないところはない。どこの都市や農村にも、そこの人々を守護神のように見下ろしている山がある」と深田久弥は書いている。さしずめそのサンプルは石川啄木の「岩木山」だろう。♪故郷の山はありがたきかな♪と詠っているんだから。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/19 07:17
『さて、今日の晴れは如何せん?』
『さて、今日の晴れは如何せん?』 朝、カッコウの鳴き声で目を覚ました。“まったくうるさいな。今何時?”。起き出すと朝の5時。“まったくもう!”。外を見ると結構良い天気で、浅間も盛大に煙を吐いている。庭仕事は終わってないが、ここ数日天気も今一だったので、山でも登るか、と思いつき「浅間隠山(あさまかくしやま=1757m)」に向かった。車で15分も行けば登山口なのでこういった時は便利な山。二百名山の一つというので結構登る人も多い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/17 19:38
『タンポポの道』
『タンポポの道』 例によって朝早く北軽についた。浅間は見え隠れしているが、いまいちのお天気で寒い。二度上げ峠の路傍の温度計は8度C。このところの東京の暑さに慣れたせいか寒く感じる。家で一休みしていたら、カッコウが鳴いていた。カッコウ君、少し時期が早いのでは?。 ここはまだ春が終わっていない。道はタンポポの花がいっぱい咲いている。兄と通った田舎の学校への道を思いだす。あの頃は何もなく、貧しかったが、自然は今以上にたくさんあって幸せだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/14 17:44
『初夏の谷戸の花』
『初夏の谷戸の花』 桜の散り始めた北軽から戻って数日たつが、なんとまあ暑いこと。タイトルも、思わず「初夏」と名付けてしまった。今日の気温は夏のそれだっただろう。その分、朝から青空が広がったので、久しぶりに多摩の野山を歩いてきた。碓氷峠を下りてきた時からこ“これはもう夏だな”と思ったくらい緑が濃かった。多摩も御多分にもれず、緑一色になっている。これは夏だな!何と柿の緑の美しいこと! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/11 19:53
『北軽井沢の早春』
『北軽井沢の早春』 このブログにも何度も登場した、見慣れた風景の写真だが、こんな風景を長い間待っていた。浅間山に雪が残って、山桜が濃い紅色に咲いて、檀(マユミ)の古木が緑の若葉を伸ばし、鶯や雉が鳴き、雲雀が囀る。こういう風景をぼんやりと窓から眺めていると、雪国の人が、どんよりとした灰色雲から解放される春を待つ想いわかるような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 08:59
『どうやら春が来たようだぞ』
『どうやら春が来たようだぞ』 昨日は朝から冷たい北風が庭を通り抜けていた。その風のせいか、空は晴れ渡り、山々もこんな風景が見られるのは年に2-3回かと思われるようなすがすがしさだった。その北風も止んで暖かさが戻って来た。来た時に比べて雪はかなり融けている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/03 08:00
『招かざる訪問者』
『招かざる訪問者』 家内がベランダで何か騒いでいるで出てみたら、隣の家の物置から小動物が身を乗り出していた。「アナグマ」のようだ。以前も見かけたが、冬眠から目覚めたのだ。気温が10度位になると冬眠から覚める、と言うから北軽も春が来たということだろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/01 15:24
『浅間山と彩雲』
『浅間山と彩雲』 昔から瑞相(良いことが起きる前触れ)が起こると言われた「採光」が表れた。雲に映った虹とでも言うから「彩雲」とよぶのかも知れない。北軽で夏の夕立の後では「虹」は良く見るが、ここで「彩雲」を見たのは初めて。時々山に登った時など、小さな彩雲を見ることはあったが。それも浅間山の上にかなり長い「彩雲」だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/29 16:22
『春とは名のみの北軽井沢』
『春とは名のみの北軽井沢』 北軽に着いて、ます駅舎前の桜を見に行った。もう満開かと思っていたら、桜の姿は見えず、老木が寂しく立っていた。枯れてしまったのか、と近づくと、やはり毎年見る桜の木だった、花はなく蕾ばかり。Nさんの桜も咲いていない。一体どうなったのだろう? 去年の今頃は満開の桜は見えていたのに。4月11日に降った雪が寒さを連れてきたのか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/27 14:23
『北軽井沢への道筋の山々』
『北軽井沢への道筋の山々』 あれこれあったが、やっと北軽井沢に行けることになった。東京はとうに桜の花は散り、葉桜となっている。かろうじて八重の桜はまだ満開だ。どうせ行くなら、行く春を追いかけるように信州の山々を眺めながら行こうと、中央道を走り抜けた。天気はまずまずだったが、八ヶ岳の山々は頂上だけが少し望める程度。「八ヶ岳PA」にて少し待ったら、雲も切れて、雪の残った山頂が表れた。寒いせいかこの辺は桜は今が満開。桜と山々のコントラストが素晴らしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/25 17:41
『やまぶき草の園』
『やまぶき草の園』 二年前だったか、野反湖で出会った人から、"綺麗ですよ"と聞いていたが、これほどの見事さと美しさとは思いもよらなかった。谷一面が黄色と緑に輝いていた。朝早くだったので、まだ花は完全に開いていなかったが、それでもその名の通り、谷一面が黄金色に染まっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 06:44
『ある日の散策道』
『ある日の散策道』 多摩丘陵は私の家の近くにあるので、よく出かける散策の道。春は谷戸の桜を眺め、夏は蝉時雨の森の中、秋は紅葉を満喫しながら、冬は霜柱を踏むサクサクと言う音と共に歩く道。「里山」と呼ばれる谷戸があちこちに点在し、蕨やセリ、野蒜やツクシを摘める田舎者の私には懐かしい風景のある場所。 今日も天気が良かったので歩いて来た。「小山田緑地」の駐車場に車を置き、靴を替え、歩き始める。真っ青な空には菜の花の黄が良く似合う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 14:50
『花散らしの雨・・・そして北軽は雪』
『花散らしの雨・・・そして北軽は雪』 一昨日は朝から夜まで無常の雨。せっかく満開になった桜もこれで散ってしまう。そして北軽は雪。雪解けがほぼ終わりに近づいたと思った矢先のこの雪で、又北軽行が遠のいた。春の雪は水分を含んだ湿った雪。気温が上がればそうそうそうに融けるであろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/13 11:08
『桜のトンネル』
『桜のトンネル』 強い南風が二日ほど吹き荒れたので、周りの桜がいっぺんに満開になった。どこもここも桜色に染まり、普段は桜の樹とは気がつかないでいたのが、こんな所にも桜があったのかと気づかせてくれる。毎年桜を見にゆくのは決まっている。「戦車道路の桜」、「谷戸の一本山桜」、「南大沢の桜並木」そして「高尾の多摩森林科学園」の桜だが、昨日は「南大沢の桜並木」を見に行った。満開の桜の並木は見事で、太閤秀吉の気分だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 20:34
『桜の季節』
『桜の季節』 生活に追われてバタバタしていたら、いつの間にか四月に入っていた。東京の桜は満開とのことだが、私の住んでいる多摩地区はまだまだ満開にはほど遠い。グルっと一回りしてみたが、5分咲きンもなっていないだろう。それでも桜の種類によっては開花時期も異なり、H市のN池公園脇の桜並木は春爛漫だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/05 10:44
『雪・雪・雪・・・・・』
『雪・雪・雪・・・・・』 雪は三分一ほど融けたし、我が家へのアクセスも問題なさそうだし、来週からはいよいよ四月に入るし、そろそろ北軽へ出かけようか・・・と思っていた矢先に昨日から雪になった。ああ・・・雪か。あわててブログの画面設定も「春の野原」から「冬の夜」にまた戻した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/27 10:56
『東京薬科大学・薬草園へ』
『東京薬科大学・薬草園へ』 八王子にある「東京薬科大学」の「薬草園」に行ってきた。と言うのも先日「甲斐小貝母(カイコバイモ)」の場所を教えてくれた方が、この「薬草園」にもカイコバイモがあると言っていたので、早速出かけてみた。「薬草園」は多摩丘陵の林を切り開いた丘に作られていたが、遊歩道も完備された、管理の行き届いた施設だった。案内の標識に従って丘を登って行くと、まず出迎えてくれたのは紫の「キクザキイチゲ」の群落だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/23 16:53
『大野山を歩く』
『大野山を歩く』 大野山は丹沢の前哨領で高さが723mと低く、高尾山にような楽な気分で登れる山。自動車道もあり、車でも簡単に上がることができ、山頂からは目の前の大きな富士山が眺められる。 この日は晴れて風もなく、絶好の山歩きの陽気だった。小田急「新松田」で御殿場線に乗り換えると、丸ごと雪を被った富士山がホームから眺められた。この日の山行の同行者は7名。ベテランと新人の混成部隊である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/20 10:20
『カイコバイモの花』
『カイコバイモの花』 「カイコバイモ」を探してH市に行ってきた。「カイコバイモ」は漢字で「甲斐小貝母」と書いて名前の通り、山梨県の山に良く咲いていた花と聞いているが、最近はめったに見られなくなったようだ。小さな、かわいい花をつけるので、山歩きの人に人気があり、わざわざそれを探しに山に登る人もいるが、盗掘などで数を減らしいるらしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/19 15:38
『春愁』
『春愁』 少し暖かくなったと思ったら、まだ吹く風は冷たい。遠く眺める奥多摩の山々はまだ真っ白な雪山となっている。それでも確実に春がやってたようだ。昨日、いつものように多摩丘陵を歩いていたら、梅に代わって桃の花が満開だった。あと一週間もすればポチポチ桜も咲きだすだろう。まちどうしい春が来たのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/17 13:26
『東丹沢バリエーションルート』
『東丹沢バリエーションルート』 久しぶりに大汗をかき、喘ぎながらの急登を登った。今回は地元の「登山クラブ」の山行についていったので、何年かぶりに団体行動だった。今までは山歩きは単独行か家内と一緒だったので、休みたいときに休み、路傍の花を愛で、景色を眺め、写真を撮りながらの山歩きだったが、団体行動となるとそうはゆかなかった。総勢21名の山歩きは、時に壮観で、時に孤独で、終わってみればそれもまた楽しい山行きだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/13 15:02
『高取山・仏果山を歩く』
『高取山・仏果山を歩く』 3月に入ると気象学上はもう「春」を呼ぶそうな。それでも♪早春譜♪のような寒さが続く。明日は雨と言うので、昨日は、どこかの山を歩きたいと出かけたのが、宮ケ瀬湖の傍にある「仏果山(ぶっかさん)=747m)。以前、経ヶ岳から仏果山を歩いたことがあるので、家内でも歩けると思ってこの山を選んだ。晴れとはいうものの風が冷たい日であった。良く見ると丹沢の山々には昨日雪が降ったのか、白く光っていた。吹いてくる風が冷たいわけだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 12:33
『春の兆しを求めて』
『春の兆しを求めて』 三寒四温とはよく言ったもので、暖かかったり寒かったりの日が、日替わりで続いている。「四温」と言うからには暖かい日がだんだん多くなってゆくのだろう。昨日は「春の兆しを求めて」その辺をうろついてきた。まず行ったのは、この前ぼちぼち咲いていた相模川の岸辺の「河津桜」。さすがにあれから十日たって見事に満開だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/23 12:50
『山岳遭難事故の講演会を聴いて来た』
『山岳遭難事故の講演会を聴いて来た』 一人で山を歩くようになってから、高い山でなくていい、静かな山を歩きたいと思って、ここ数年山歩きを楽しんできた。誰も歩いていない山などもっとも私は好ましい。その分、「遭難」と言うことに人一倍気を遣ってきたつもりだった。遭難など自分で経験出来るわけでもないので、机上訓練で遭難に関する本を読み漁った。知識だけでは、頭でっかちであることは判っているが、その時になって少しは役に立つだろうと思って読み、調べてきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/20 11:12
『久しぶりの山歩き』
『久しぶりの山歩き』 久しぶりに山を歩いてきた。考えたら、今年初めての山歩きだった。もっとも高尾山を「山」と言うとしたらの話ではあるが。日曜で、好天気となると高尾山も人であふれるだろうと思って、奥の「景信山」を目指した。時間があれば「陣馬山」まで足を延ばそうと思っていた。「高尾ビジターセンター」のHPを見たら、一昨日の積雪は3cmとのことだが、念の為軽アイゼンとスパッツを持って行った。「日影」に車を置いて沢を渡って杣道を登る。このルートは人がいなので静かなコースだが、さすが日曜なので一組の中年夫婦が先行していた。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/13 11:50
『また春が遠のいた』
『また春が遠のいた』 節分が過ぎて、立春となって、少し暖かい日が続いたと思ったら、今朝は雪が降りそうな朝だった。背中を丸めて新聞を取りに門の郵便箱に行って空を見上げたら、パラパラと雪が舞い下りてきた。ふと足元を見ると「雪割草」が寒そうに花を広げていた。その名の通りなら、雪の下から芽を出して花を咲かせるのだろう。何とも美しい紫の花びらだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/09 09:37
『少し春が近づいた?』
『少し春が近づいた?』 寒い日が続いているが、時々春を思わせる、小春日和の日もあるので、少し遠回りして相模川を眺めに行った。 川の水がキラキラを輝き、春が近いことを思わせる。川沿いの道には桜が植えられて春を待ってる。若い木は「河津桜」でポッコリと芽を膨らませ、ちらほら咲きだしている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/29 16:47
『遠い春・・』
『遠い春・・』 テレビでは連日のように今年最大の寒波が来る、といっている。ヨーロッパでもアメリカでも吹雪で、凍えるような風景が映し出されている。まだ一月も半分過ぎたばかりだから仕方がないが、野山を散歩していると、もう紅梅は満開だったり、白梅もちらほら咲いている。蝋梅に至っては散ってしまってさえいる。 春が近いのだ、と少しだけ感じさせられるのだが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/18 10:33
『ブログ考』
『ブログ考』 プロバイダーのBIGLOBEから、ブログ開設から11年目に入ったとの連絡があった。"へえ、そんなにたったのか?"と思ったが、言われるままに昔のブログをたどってみると、確かに10年たったことになる。 タイトルを「浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・」としたが、実際には北軽と東京の出来事が半々で、名前負けしている。歳を取ったせいか、冬場に北軽井沢に行くことは少なくなったからだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/11 10:59

続きを見る

トップへ

月別リンク

浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる