アクセスカウンタ

浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・

プロフィール

ブログ名
浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・
ブログ紹介
浅間高原の山麓、北軽井沢に小さな山小屋を建て過ごすようになってかれこれ数年が経ちました・・・・・・。高原での静かな日々の中で、見たこと、感じたこと、思ったことなどを季節の移り変わりに添って書いています。
.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『ウチョウランの世界』
『ウチョウランの世界』 世の中には、一つのことに集中し、研究し、努力し、納得いくまで事を成し遂げようとする人々がいる。そういった人は、明けても暮れてもそのことばかり考えてるのだろうか?そのことは 苦しいのだろうか? 楽しいだろうか?。 ともあれそれが「花の世界」となると、永遠に満足することはないだろうが、それでもそれまでの成果を見ると、“やっていて良かった”と感じるだろう。ずらりと並んだ花々を見ると、その世界が少しだけ垣間見た気がした。そして、そんな恐ろしい世界には、私はとても入れないと感じた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/06 19:56
『烏帽子岳:花と絶景の山』
『烏帽子岳:花と絶景の山』 「湯の丸山」との分岐のコル(鞍部)」から、花の咲き乱れる登山道を登って、烏帽子岳(=2066m)への尾根に出たとたん、その絶景の目を見張った。眼下に上田の市街を見下ろし、遠くに八が岳連峰から北アルプスの名峰が雲海の上にずらりと端座してる。北八つ、御嶽山、乗鞍岳、穂高の峰々と槍ヶ岳の尖鋒。鹿島槍、五竜岳、剱岳から白馬、後立山と、私が知っている岳が連なっている。山頂に行けばさらに北の山々が眺められるだろう・・・と先を急いだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/05 06:14
『突然の嵐で、我が家にも池が出来た』
『突然の嵐で、我が家にも池が出来た』 猛暑の東京より逃げ出し、北軽に来たが、庭はたった一週間留守にしただけなのに、草が伸び、荒れていた。今日は日中曇りとの予報だったので、朝から庭仕事に精出していたが、何とカンカン照りの有様。これでは北軽でがも30度越していただろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/30 19:52
『富士山・・ホテルの窓から』
『富士山・・ホテルの窓から』 何年かぶりの伊豆だった。一昨日は趣味でやっている無線グループの集まりが伊豆であった。この時期だから天気は期待していなかったが、ホテルの窓からは墨絵のような富士山が迎えてくれた。左右に裾を広げた姿は、前の愛鷹の峰々を従えて、この上なく美しかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/24 15:39
『おさば草を探して』
『おさば草を探して』 「双子池」をぐるっと廻って、針葉樹の苔むした湿った岩だらけの登山道を「亀甲池」への方に登っていったら、小さな可憐な白い花が苔の上にポツポツと咲いている。15−20p位の茎に垂れ下がった真っ白な花は、薄暗い森の中で浮かび上がり、限りない可憐な、品の良さで咲いていた。“ああ、これが自生の「おさば草」か”と、初めてみる姿にほれ込んでしまった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/20 23:53
『トックリ型の蜂の巣』
『トックリ型の蜂の巣』 なんとなく天気が持ちそうなので、予ねて気になっていた辛夷(こぶし)の木を剪定しようとした。家を建てたときは鉛筆の太さの幼木二本だったが、気が付いてみれば10m以上の大木に育っていた。二本がそのまま大きくなったので、我が家では「ツインタワー」と呼んでいたが、このままでは本物のタワーが下ろせなくなってしまう。少なくとも芯を止めて成長をストップさせねばならない。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/17 20:47
『狐に出会う・・』
『狐に出会う・・』 ここ北軽井沢にいると、結構いろいろな動物に出会う。この間のイノシシには驚いたが、昨日は狐に出会った。庭仕事をしていたら、畑のあぜ道(?)を狐が歩いてきた。けっこう図体が大きい。驚いて立ち上がったら、向こうも驚いたらしくて、一瞬、こちらを見たが、さっさと我が家の横を通り過ぎて、後ろの牧草地に逃げていった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/06/15 08:37
『花のヤマ 浅間隠山』
『花のヤマ 浅間隠山』 “山なんて嫌だ”と言っていた家内が、「浅間隠山」に登りたいと言い出した。「十二ヶ岳」に登って以来、山に登れば花が咲いている、ということに気がついたようだ。“あそこは山頂の展望はいいけれど、花なんてないよ”と冷たい私。そしたら、“いつも見ている山に、登れる時に登っておきたい”と曰く。それならば、と天気が良い週末に行くことにした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/06/03 22:21
『ヒマラヤの蒼いケシが咲いた』
『ヒマラヤの蒼いケシが咲いた』 「メコノウシス」は俗に「ヒマラヤの蒼いケシ」と呼ばれる「幻の花」。名前の通り、ヒマラヤ地区の3000mの山岳地帯に咲く花で、温帯の日本では育てるのが難しいと言われている。そんな花が咲いた。淡いブルーの花を見ていると、よくぞ咲いてくれたと花に感謝したくなった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/05/30 19:55
『不老山 山椒バラを訪ねて』
『不老山 山椒バラを訪ねて』 去年の秋だったか、Sさんから“花が好きなら山椒バラを見に行ったら”とのアドバイス。念願かなって昨日その「山椒バラ」を見に、「不老山= 928m)に登ってきた。総勢6名。「山椒バラ」は「箱根バラ」とも呼ばれ、富士箱根に生息する日本固有種のバラ。北軽井沢でも見かけたが、道路拡張によって、切られたか、移植されたか、姿を見かけなくなった。園芸バラに比べて地味だが、自然に自生してるバラなので、「高根バラ」とともに私の好きな花だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/27 17:59
『リンゴの花が満開になった』
『リンゴの花が満開になった』 郭公が鳴いている。もう五月も半ばを過ぎようとしている。一週間前から咲きだしたリンゴ(津軽)の花が満開になった。植えてから十年。二・三年前から花をつけはじめ、少しだけ実も生るようになった。やはり樹に勢いついてきた、ということだろ。“すべてのわざに時がある”という「コヘレトの言葉」を思い出した。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/16 23:01
『なぜか懐かしい静かな風景』
『なぜか懐かしい静かな風景』 北軽井沢の地をくまなく廻ったわけではないが、好きな場所がいくつかある。それは季節によっても、天気によって変わるが、その一つは何気ない場所である。主役はやはり山と花である。以前も紹介したが、この写真の場所は、公道から少し入り、雑木林の道を少し歩いて、橋を渡ったところにある小さな流れにある。そこに、今の季節はサクラソウの花がひろがってる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/05/11 10:38
『花が次々に咲き始めた』
『花が次々に咲き始めた』 GWが終わった。幸い天気にも恵まれ、あちこちで人が溢れた。普段は静かな北軽井沢でも、他県ナンバーの車でコンビニもにぎわっていた。それを尻目に、こちらは冬の寒さで痛めつけられた草花の手入れに所為を出した。今年の二月はやはり寒かったという。その為か枯れてしまったり、芽が出なかった植物もあった。長年楽しませてくれたクレマチスが枯れてしまった。それでも春は巡ってきて花が咲き始めた。咲き始めは「春の妖精」呼ばれるカタクリだった。さすがに五月には花は終わり、土に潜ってしまったが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/09 07:26
『山笑う十二が岳へ』
『山笑う十二が岳へ』 ここ数年、5月1日は「十二ヶ岳」に登って、山を眺め、花を探し、山菜を採るのが我が家の恒例となってきた。久しぶりの北軽なので、庭の掃除や手入れで、立ったり座ったり。正直体はくたくただったが、晴れる日は5月1日しかなさそう、早起きして出かけてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/02 20:49
『Attention Pleae!! 』
『Attention Pleae!! 』 朝食も終えて、ゆったりと椅子に座って、ぼんやりと庭を眺めいたときである。目の前を真っ黒い塊が通り過ぎっていった。音もさせずに体形1.メートル以上もある親イノシシが通り過ぎていった。憎いことに前の道路でなく、我が家の庭の小道を、断りもなく通り過ぎたのである。遠くからイノシシを眺めたことはあったが、目と鼻の先で遭遇したのは初めてである。さすがに驚愕した! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/04/27 09:37
『北軽井沢の春』
『北軽井沢の春』 雨の峠を下ってきた。ゴルフ場を過ぎ、民家が並ぶところまで来たら道の両側の桜が満開だった。辛夷の花もまだ咲き残っている。下界は桜などとうに終わり、連日夏日のような気候だったが、北軽井沢はやっと春が巡ってきたのだ。それでも立ち寄った、駅舎前の桜はとうに散って、若葉が芽を伸ばしていたので、ここも季節は例年より一足早いのだろう。山小屋にたどりつくと陽がってってきたが空は真っ黒い雲が東に流れてゆく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/26 18:11
『花だより:ヤマブキソウ 』
『花だより:ヤマブキソウ 』 今年も八王子の「K城址公園」の「山吹草=ヤマブキソウ」を見に行ってきた。初めて見たときほどの驚きはなかったが、谷間をうずめた黄色い花々を見ると、やはり見事というほかない。これだけの花園なのに見に来る人は少なく、ゆっくり歩いて、じっくりと楽しませてもらった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/22 06:46
『北国の春 in 北軽井沢』
『北国の春 in 北軽井沢』 今年の一、二月は寒かった。しかし三月に入って暖かい日が続き、あっという間に桜が満開になり、新緑が山を覆った。二週間くらい春が早いのでは、と思ったのでちょっと様子見に北軽沢に出かけてみた。上手くすればインゲンの種まき位は出来るのでないか、など皮算用をしながら。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 13:00
『城峰山へ』
『城峰山へ』 “城峰山を登りませんか?”と誘われたので、家内と連れ立って行くことにした。山に慣れていない家内は、最初躊躇していたが、“花が咲いていますよ”と言われて即“行きます”と答えていた。城峰山(じょうみねさん=1037m)は埼玉の奥の奥、群馬県寄りにある山。「皆野」から入るが、とにかく登山口までのアクセスが不便なので、リーダーは車を借りた。その車のナビで「城峰公園」「城峰神社」を設定し、それに導かれて行ったら、山とはかなり離れた場所に連れてゆかれた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/13 11:39
『高尾山に山野草を探して』
『高尾山に山野草を探して』 高尾山の山野草というと、代表的なのがスミレ。中でも高尾山で発見されたという「タカオスミレ」を今まで意識して探したことがなかったので、夏日の一昨日出かけてみた。「日影」に車を置いて歩きだす。いつもは沢を渡って杣道の登山道に入るのだが、「タカオスミレ」を探すのが目的なので、沢沿いの林道を歩いてみた。まず「ニリンソウ」の群れが迎えてくれた。保護も十分にされているので、沢ぞいに大きく広がっている。「イチリンソウ」は?と探したが葉が出たばかりで花は咲いていなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/04 20:36
『桜が満開!』
『桜が満開!』 いつも桜の季節になると訪れる「谷戸の一本桜」。テレビでは関東各地で今日桜が満開になるとは言っている。 それならあの「谷戸の一本桜」も、もう咲いているのではないか、と今日出かけてみた。やっぱり桜は満開だった。去年は4月10日に満開だったから、こんなに早く満開になるとは。やはり異常季節のせいか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/03/29 21:24
『経ヶ岳から高取山へ』
『経ヶ岳から高取山へ』 “さて、行くか止めるか”と迷った。何分、家内からうつされた風邪が抜けなくて、鼻水と咳が止まらない。それでも「経ヶ岳(662m)」は二度ほど登って、さほどきつかった思いもなかったし、熱もないので、ギリギリで参加申し込みをした。朝、「本厚木」駅前から「半原」行きのバスに乗る。「平山坂上」というバス停で下りる。今回の山行は大人数で総勢35名。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/03/25 14:09
『春の花を探して』
『春の花を探して』 週末は「ゆっくり山行」と称して、湘南の低山を歩く予定だったが、生憎の雨予報で中止となった。開けて昨日はうって変わった青空なので、近くの山をゆっくり歩いて春の花を探してみた。いつものN公園の駐車場に車を置き、対面にある急登の尾根を上がっていった。昨春は、誰が植えたか、カタクリが数輪咲いていたが、今年は見られない。尾根に上がる路傍には「タチツボスミレ」が至る所で咲き始めていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/18 21:07
『モクレンの花が咲いた』
『モクレンの花が咲いた』 暖かい光に誘われるように、花々が次々に咲き始めた。庭の「白モクレン」も咲いた。「木」を植えたときは鉛筆の太さだったが、今は「樹」になって、庭にどっしりと根を下ろしている。猫の額のような狭い庭なので、伐採しようかと、上から切り落としていったら、自分の体調が悪くなった。“きっと祟りだろう”と家内が言うので、今はそのまま生かしている。それが毎年真っ白な花をつけるのを見ると、“春が来たのだな〜”と思い、“切らなくてよかった”思ったりする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/15 19:32
『日和田山から物見山、ユガテへ』
『日和田山から物見山、ユガテへ』 久しぶりに山歩きに出かけた。何しろ、このところ気候も良くなってきたし、空は青空が広がっているので、いつまでも炬燵の御守りをしているわけにもゆかない。何処に行こうかといつも迷うのだが、埼玉の「日和田山」に行くことにした。家内に声かけたら“歩けるかな〜?”って言ってたが、結局ついてくることになった。「日和田山」は奥武蔵の外れにある305mの小さな山。山と言うより丘と言ったような感じの山? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/13 21:16
『三月に入った・・』
『三月に入った・・』 三月に入った。南風が強く吹き付けて、気温がどんどん上がった。肩が軽くなったような気がした。雨が降って植物が喜んでいる。そんな風に誘われるように庭の雪割草が咲いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/03/01 16:09
『二月も今日で終わり』
『二月も今日で終わり』 二月も今日で終わり、明日から三月。一月から二月にかけて寒い寒い冬だったが、明日は雨が降り大荒れとなる予報だ。雨と南風のせいで気温もぐっと上がるだろう。南風が吹けば「春一番」かもしれない。 今日は相模川の河津桜を見に行ったが、まだ2分咲の様相を呈している。去年は2月22日に満開だったから二週間くらい遅くなっている。あの厳しい寒さのせいか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/28 21:07
『奥武蔵の尾根を歩く』
『奥武蔵の尾根を歩く』 奥武蔵の山々は、我が家からはアクセスが悪いのでなかなか行きにくいところだ。先日は、試しにと思い「越上山」まで行ってきたが、やはり “ちょっと行くには遠いな〜” てな感じだったが、山仲間が「正丸峠」を歩くというので出かけてみた。「正丸峠」に行くなど、何十年ぶりだろう。あの時は五月で、山吹の花が咲き乱れていたのが印象的だったが、今の季節は残雪もあって寒いだろう。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 20:49
『喫茶店・・ライオン』
『喫茶店・・ライオン』 NHKの「Japanology Plus」という番組がある。日本を紹介する英語番組だがときどき観ているが面白い。この前は「喫茶店」というテーマでやっていて、日本の大正の喫茶店の「カフェ」から始まって、ゲーム喫茶、メイド喫茶まで紹介しているを、何気なく観てた。そううち“おや?”と思った喫茶店が映った。“渋谷のライオン”だ、とすぐにわかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/02/21 17:22
『節分草』
『節分草』 今年の節分は2月3日。翌日は立春で季節は春に変わるが、寒さはそれからも続いている。しかし、まんざら寒さだけではなく、春が近いのを感じさせることもある。庭の「節分草」が花を開かせている。「立春」から遅れること二週間。名前のとおり「節分」の頃に花を咲かせる。「節分」とは「季節を分ける」という意味だろう。きっぱりと冬と春を分ける日なのだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/20 10:38

続きを見る

トップへ

月別リンク

浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる