アクセスカウンタ

浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・

プロフィール

ブログ名
浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・
ブログ紹介
浅間高原の山麓、北軽井沢に小さな山小屋を建て過ごすようになってかれこれ数年が経ちました・・・・・・。高原での静かな日々の中で、見たこと、感じたこと、思ったことなどを季節の移り変わりに添って書いています。
.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『相模の海 』
『相模の海 』 キラキラと朝日に輝く海。何年ぶりにこんな海を見たことだろう。美術館のある「逗子」にむかうに、さてどうやってゆくかと迷った。電車バスを乗り継ぐか?慣れない道を車で出かけるか? 思い切って朝早くに車で向かうことにした。東名から圏央道に乗り換え、湘南バイパスから藤沢に抜けたところで渋滞にはまった。のろのろ運転で江ノ電の線路を過ぎたところで、この相模湾の海に出た。白富士がどっしりと構え、江の島が海に浮かぶ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 09:54
『堀文子展を観に行く』
『堀文子展を観に行く』 「神奈川県立近代美術館葉山」で堀文子展が開かれていることを知って出かけてみた。展覧会には「白寿記念」と副題にあるごとく、彼女は現在99歳。この展覧会パンフレットに描かれているのは作品「群雀」。竹と雀の数を数えると「九十九」になり白寿記念の作品となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 21:49
『鍋 山行 シダンゴ山』
『鍋 山行 シダンゴ山』 寒い日が続いている。冬の寒い日には鍋料理が定番。“それなら皆で山に登って鍋料理といこうか?”ということになったなったのかどうか知らないが、他のGRPの山仲間と一緒に「シダンゴ山 = 758m 」に出かけた。「シダンゴ山」は丹沢の前方峰で「震旦郷」と漢字で書く。なんでも仙人(羅漢)伝説から名づけられた、と山頂の碑に書いてあった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/12 12:47
『寒風の中、春を探して・・』
『寒風の中、春を探して・・』 数年に一度の寒波が日本を襲い、北陸では大雪となっているようだ。福井で車1000台超が雪で動けないとのニュースが流れてる。日本海側で雪を下した低気圧は、山を越え関東平野に青空と寒風を運んでくる。空は冬晴れで真っ青だ。空気が澄んで、富士山もよく見えている。まだ影路には雪が残っているが、こんな晴れの日はめったにないので、近くの多摩丘陵を歩いてきた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/07 17:00
『皆既月食の夜』
『皆既月食の夜』 昨日(31日)は珍しい天体ショウの「皆既月食」だった。幸い晴れた日だったので、寒い中、ベランダに出てときどき移り変る月の姿を眺めていた。月食など見るのは何年ぶりだろう。小学校の天文観測したころからか? いや、北軽井沢でも見た記憶があるが・・・・・あれは何時だったか?。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/01 11:41
『水道管凍結騒動』
『水道管凍結騒動』 大雪が降ったりして、極寒の寒さが続いている。おかげであちこちで、水道管の凍結、破裂、断水が続いているらしい。東京の我が家でも、25日の朝、マイナス4度に下がった日には、朝、お湯が出なくなった。昼頃には気温が上がったせいか、湯が出始め元に戻ったが、こんなことは以前なかったこと。それほど寒かったということか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 20:31
『弘法山から高取山へ』
『弘法山から高取山へ』 今年初めての山歩きだった。本来は「宮ケ瀬湖」周辺の山を歩くはずだったが、一昨日の大雪で山路はかなり雪が積もっているだろうと諦め、平地の「弘法山」へと切り替えた。それでも山路は雪が残っているかと、軽アイゼン持参の万端の準備だったが、「秦野」の駅についたら雪など影も形もない。湘南のはずれにあるこの辺は、やはり暖かいのか?。ただ、覆いかぶさるようにそびえな「大山」は、山頂まで雪化粧をしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/25 13:40
『大雪の降った日の朝』
『大雪の降った日の朝』 昨日の午後からぽつぽつ降りだした雪は、夕方には本ぶりになった。ときどき雨戸を開けては、“おお〜積もったね”と眺め、≪太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむり・・・・》など言って楽しんでいたが、朝になると積雪は20〜25cmとなった。これは大雪だ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2018/01/23 13:22
『夫婦茶碗』
『夫婦茶碗』 この15日は私の○歳の誕生日だった。この年まで生きていると、誕生日も晴れの日というの感慨もない。昔は全国民が旗を飾ってお祝いしてくれたものだが、今では「晴れの日」は政府の都合で変わってしまったから、ますますそんな気分にはなれない。が、娘が、この日萩焼きの「夫婦茶碗」を送ってきてくれた。たぶんに誕生祝いの意味があったのだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/18 12:03
『どんど焼き』
『どんど焼き』 2018年も正月初めからばたばたしていたら、もう一年も24分の一が過ぎていた。街を歩いていても、やはり正月らしい風景があちこちで見られたが、その区切りの風景「どんど焼き」が,小正月の昨日・今日郊外の野原や田んぼ跡、はたまた運動場などで見られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 09:27
『シモバシラ』
『シモバシラ』 寒い日が続いている。太陽黒点が減衰期の底に達したようが、マウンダー氷河期の再来の噂もでている。朝起きると寒暖計を見る習慣がついたが、今朝は6度を指していた。庭に霜が降り、鉢に植えてあった植物は「霜柱」の状態だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/07 10:53
『新しい年が廻ってきた』
『新しい年が廻ってきた』 新年あけましておめでとうございます。寒いけれど、晴天の元日を迎えられました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/01 07:59
『梅』
『梅』 寒い日が続いてる。朝起きると、古い家なので震えあがる。北の方は吹雪いて大雪となっているとか。暮の雑用と弟の心臓手術・入院であわただしい日を送ってきた。やっと少し落ち着きを取り戻した感がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/28 20:08
『七国峠を歩いてみた』
『七国峠を歩いてみた』 私の住んでいる街の近くには、多摩丘陵を縫うようにして古道があちこちに伸びている。「鎌倉街道」だったり、「絹の道」だったっリ、「大山詣道」だったり、さらに昔の「防人の道」だったりする。多くは今となっては狭い藪道であるが、山を越えるところには峠があり、旅人は峠に立って、来た道を振り返っては別れた家族を想い、これから行く道を不安と希望をもって眺めたりしたことだろう。風の吹く初冬の寒い日、そんな峠の一つ「七国峠」をたどってみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/19 20:34
『忘年山行: 勝峰山』
『忘年山行: 勝峰山』 師走の寒い朝、外気温度は朝の6時でマイナス2度。昨夜の雨で、車のフロントはガチガチに凍っているので、車の暖気に時間がかかり、寒い車の中で震えていた。それでも空は雲一つない快晴で、絶好の山歩きの日。この日は、「忘年山行」と称して、「日の出町」にある勝峰山(かつほ(う)やま=454m)への山歩きの日である。山頂で煮込みうどんを食べながら、過ぎし今年の山行きを振り返ろうとの趣旨である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/11 12:12
『鬼柚子』
『鬼柚子』 毎年今頃になると、家内はジャムつくりに余念がない。主に自宅でとれたブルーベリーが主体だが、季節がら、また香りが好きなので、柚子ジャムも作る。柚子は毎年東丹沢の山奥の農家まで買いに行くのが恒例だった。 以前「大山」に登った帰り、「七沢温泉」まで下りてきたら、柚子農家があって、みごとな柚子を売っていたのが始まりだった。 今年も出かけようかと思っていたら、近くの農家の道端店で大きな柚子が手に入った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/05 10:36
『上野公園の秋景色』
『上野公園の秋景色』 英国の「キューガーデン」の後援を受けた、「フローラ ヤポニカ」の企画展が、上野であったので観てきた。上野は我が家からは結構遠いが、あの「福島の奇跡の一本松」を描いた植物画がもあるという。 「上野御徒町」で地下鉄を下りて上野公園に入っていったら、いい感じの秋の風景が待っていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/29 21:06
『富士を見る山行:不老山』
『富士を見る山行:不老山』 雲ひとつない秋晴れの日、山の会の仲間と「不老山」に登ってきた。総勢36名の山行き。「不老山」は中央高速道の「談合坂PA」の北にそびえる839mの低山だが、遠く富士山を眺めるのにはベストに位置にある山である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/26 21:41
『近所の公園の秋』
『近所の公園の秋』 我が家から歩いて10分もかからぬところにある公園。結構遠くから訪れる人も多いが、近くのせいかあまり訪れたこともない。このところ運動不足で、という家内を引っ張り出して、“少しは歩かないとね”と散歩としゃれこんだ。ところが、思った以上に紅葉が綺麗で、何か儲けたような気になった。“京都まで行かなくともいいね”とは家内の言葉。言い得て良し。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/23 19:43
『帰りみちは紅葉めぐり』
『帰りみちは紅葉めぐり』 東京への帰り道は、大回りして、北軽―鳥居峠ー上田ー軽井沢ー下仁田ー上野村ー秩父ー青梅と通ってきた。残り少ない、秋の紅葉を少しでも愛でたいとの気持ちと、家内の好きな花屋と「道の駅」を廻ってみようと両天秤をかけたのである。鳥居峠からの上田への下りでは、雪を被った北アルプスの山々の姿を期待したが、生憎の雪空で見えずがっくり。上田では新鮮なもぎたてのリンゴを大量に仕入れ軽井沢へ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/11/19 22:33
『北軽の初雪は淡雪』
『北軽の初雪は淡雪』 浅間山に三度雪が降ると里も雪が降るという、地元の言い伝え。真偽はともかく、16日の朝起きてみると、庭や畑はにはうっすらと雪が降っていた。浅間山は再び真っ白に。たぶんこれが、この冬の初雪であろう。冬が確実にやってきたようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 20:07
『山小屋を閉める』
『山小屋を閉める』 本格的な冬が来る前にと、先日から北軽にきている。寒さに馴れなかったせいか、寒い!。特に13日の朝はマイナス2度まで下がったせいか、寒くブルブルしていた。朝日に映える浅間山は、山頂に雪を被って綺麗だが、目の前の畑は真っ白な霜が一面下りて、一段と見た目の寒さを強めてくれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/15 12:55
『歓迎会はキノコ汁で』
『歓迎会はキノコ汁で』 私の属している「山の会」の先輩たちが「キノコ汁」で新会員の歓迎会を開いてくれた。場所は陣馬山。前日まで全国的に荒れ模様との天気予報であったが、朝の5時に起きて外を眺めたら星が瞬いている。Sリーダーの優しい心意気が通じたか、八王子駅に着く頃には、雲一つない快晴。「藤野駅」からバスで登山口へ。あとは「一ノ尾尾根」をひたすら登る。山頂に着くと、富士を眺めるまもなく「キノコ汁」の料理開始。OGたちのダイナミックで繊細な味付けで出来上がり。まず「毒見」と称して私を含む新人にカップいっぱいのキノコ汁が振る舞... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/13 10:03
『春への準備』
『春への準備』 ほとんど木々の葉っぱは落ちて地面に赤・黄・茶のじゅうたんを広げている。ただ落葉松の黄葉はこれからの見ごろだ。晴れた日の落葉松の並木を歩いてみたい。黒斑山から眺める湯の平のそれも今頃みごとだろう。窓から眺めていたら裏のミズキの巣箱にシジュウカラが出入りをしてる。彼らは春の子育てのために、秋からスイートホーム探すのだという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/05 11:35
『久しぶりの北軽井沢』
『久しぶりの北軽井沢』 二週間ぶりに北軽井沢に戻ってきた。峠を上がったら雪をかぶった「浅間山」が見えた。Aさんのブログによると19日が初冠雪とのことだが、昨日の雨でさらに白さを増したのだろう、青空を背に素晴らし姿を見せている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2017/10/26 21:04
『越上山から顔振峠へ』
『越上山から顔振峠へ』 東京に戻っても、秋雨前線が居座って、連日のように雨、雨、雨・・・だったが、昨日は雨の中休み。“体がなまっても・“”と思い、気になっていた「越上山(おがみやま=567m)」に登ってきた。「越上山」は奥武蔵の一角にある小さな山。この山を知ったのは「顔振峠」という、茨木のり子の一遍の詩がきっかけだった。            美しい風景にみとれて       顔をふりふり落ちのびていった       義経のためにこの名がついている峠       伝説をそのままやさしく抱きとって      ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/19 20:45
『北軽井沢も日増しに秋めいてきて・・』
『北軽井沢も日増しに秋めいてきて・・』 母の七回忌で三日ほど栃木の田舎に行っていた。帰る段になって、北軽井沢に用事が出来て、「北関東自動車道」を突っ走して戻ってきた。たった五日ほどここを離れただけだったが、秋がかなり深まってきていた。裏の牧草地を眺めても、庭の木々に巻きついている蔦漆の紅葉をを見ても、それがわかる。国道126で浅間牧場付近を彩っているのは、ほとんどが漆の紅葉だ。漆はかぶれるから嫌いだが、紅葉は素晴らしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/10 20:00
『今夜は十五夜』
『今夜は十五夜』 昼間は晴れていたけど風が強かった。びゅうびゅう吹いて落葉松を揺らしていた。夕方、東の空に満月が昇った。月の姿を見て、今夜は十五夜だと気が付いた。“ああ、一人でこんな月を見るのは寂しいな〜”。 夕飯は秋刀魚でも焼いて食おうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 20:40
『燧ヶ岳に登る』
『燧ヶ岳に登る』 「燧ヶ岳」は東北以北の山では最も高い山。今年7月「アヤメ平」から、8月初めに「至仏山」から眺めた山。この東北の名峰に登ることは、長年の夢だった、というと大げさだが、自分の歳を考えると、そう登山の機会はあるものではない。何とか今年中に登れたら良いな、と思っていたが、天候不順で今年は雨が多く、半分あきらめていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/03 20:25
『尾瀬沼と燧岳』
『尾瀬沼と燧岳』 オオシラビソの森を抜け、ゆるやかに「三平峠」を下ってゆくと、木々の間から尾瀬沼が見えてくる。下りきって、湖畔に立つと、やや濃い目の青の水面の向こうに「燧が岳」が大きく聳え立っている。 深田久弥は「日本百名山」の中で、“尾瀬沼から燧岳をなくしたら山中の小湖に化してしまうだろう”、と言っているが、この風景を実際に見てみると全く同感できる。今まで映像でしか見たことなかった姿が、今目の前にある。“なんという見事な組み合わせであることか”。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/02 21:18

続きを見る

トップへ

月別リンク

浅間山麓・北軽井沢の山小屋で・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる